button The Dead Pan Speakers
@ Mount System 2005,Tokyo Odaiba Open Court
(23rd Oct '05)

枝葉つける一本の...
The Dead Pan Speakers
The Dead Pan Speakers  知らないってことがどんどん楽しくなってきた。なにせ、マウント・システムに行ったのも半分のアーティストを知らない、もしくは観たことがないというものだったためであり、知っているアーティストが半分いるなかで、その並びを観て「コレなら他のバンドも良いだろう」という判断を下し、またそれが的中し出すと病み付きになっていくわけで、最近は特にこの傾向が強く見られる自分である。

 一本スジの通ったバンドの周りを見渡してみると、そこにはまた新しい出会いがある。こうなるとボクにとって音楽はコミュニケーションであって、純粋に音楽を楽しむということはいったいどういうことなんだろう、と考えなくもないが、この前、あるバンドを観てみたくて武蔵境にあるライヴ・ハウスへ足を運んでみた。

The Dead Pan Speakers  30人も入れば窮屈に思えるちっちゃな正方形のハコで、ステージがその4分の1を占めるという極狭な地下空間。話の流れで気付いたと思うけれど、この日、目的のバンド以外で物凄いバンドを見つけてしまった。ここでも紹介していけたらと思うのですが、そんなところでこそ強烈な"個"を放つ人間が居て音楽が脈打っているという事実、この無限とも言えるスクラップ&ビルドの繰り返しのなかで、ボクたちは信頼できるものをいくつ見つけられるだろうか? そんなことまで考え込んでしまったこの日。マウント・システムで初めて観たデッド・パン・スピーカーズだが、感覚主義に訴えかける何かを持ったバンドなのではと、後になって思ったが、ライヴ中は無意識のなか勝手に踊らされていた。

The Dead Pan Speakers  話によると高円寺20000V周辺のバンドらしく、"RIFE"というイヴェントも抱えている。以前ここでも紹介したノインワン(読み方が分からずあの時はノイナンと表記)が名を連ねるなど、次回11月27日に催される"RIFE vol.10"は彼らの個性が伺える重要なキーワードとなっていて、踊り狂える感じはレンチやんかと似たスケール感。いつもはどうか分からないけど、このときはメンバーが4人それぞれ統一感の無い好き勝手な服装で、真ん中に女性を置くあたり視覚的な所でグッとくるものがある。しかもそのひとディーヴォかってくらいファニーな帽子(置き物?)を被り、グイグイ前へ出て行くものだからやたらカッコ良く、周りの演奏も寸分の狂いもないトランシー、グルーヴィーなノリときていて、山奥系レイヴにおひとつどうぞ的なアツくなれるダンス・ミュージック・バンドかと。

The Dead Pan Speakers  キャリアも長いし、もしかして目を付けるの遅い? ひとまず遅い早いは抜きにして、盛り上がりに期待なカッコええバンドです! ハードコアやスラッシュ・メタル周辺も巻き込んでオモシロいことにならんかと注目させてもらいますが、対バンもオモシロそうだし、みなさんも是非。新しい出会いを期待できそうです。
review by toddy and photos by ryota
==>top page : JPN / ENG

Mount System 2005

buttonReviews : Intro 「サウンド・システム / 台場に強磁場

Battle of Ninjamanz : 「究極のエンターテイメント
Abraham Cross : 「アブラハム・クロスです
The Mackshow : 「新しきを訪ねて古きを知る。
The Dead Pan Speakers : 「枝葉つける一本の...



buttonmag files : The Dead Pan Speakers

button枝葉つける一本の... (05/10/23 @ Tokyo Odaiba Open Court) : review by toddy,photos by ryota
buttonphoto report (05/10/23 @ Tokyo Odaiba Open Court) : photos by ryota


The official site

The Dead Pan Speakers

www.deadpanspeakers.com


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

buttonどこでもニカイド、どこにもニカイド: 二階堂和美 (7th Nov. @ ザー・ザ・ズー代々木)
button枝葉つける一本の...: The Dead Pan Speakers (23rd Oct. @ 東京お台場オープンコート)
buttonサウンド・システム / 台場に強磁場: マウント・システム 2005 (23rd Oct. @ 東京お台場オープンコート)
button簡単にお隣フェスとはいかないぞ / 韓国ロックの黎明期を体験 / 韓国ロックの現在を体験: Gwang Myeong Music Valley Festival (7th to 9th Oct. @ Gwang Myeong City, Korea)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
buttonなにもかもほかして : ブリーチ(26th Oct. @ 渋谷AX)
buttonCD review : 『極楽都市 / 好物』 : Rumi(ルミ) (26th Oct.)
button流れるものは留められない : サウンド・トライブ・セクター・ナイン (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button黒は終わった、白くぬれ!: シアター・ブルック (30th Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonその日は近い: 二階堂和美 + 渋谷毅、外山明 (18th Sept. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonインディーの手鏡: タイム・ボム・レコーズ 15周年記念イヴェント feat. タミオ・イノウエ, ルインズ, ジ・イーヴンズ, ブラインド・ビースト (18th Sept. @ Shibuya Quattro)
buttonのび太くらいほっとけない: 危ダビ中年院 feat. ドラびでお、マキタ学級 with グレート義太夫、mr. natural(ミスター・ナチュラル) (17th Sept. @ Roppongi Super Delux)
buttonパンドラの箱空けた: マグマ (16th Sept. @ Shibuya O-East)
button突然の贈り物: カドゥ feat. 大貫妙子 (14th Sept. @ Yokohama Motion Blue)
button厚み増す年輪、追いかけても回帰: あふりらんぽ (10th Sept. @ Tsujido Sputnik Cafe)
button誤解上等、ズイノシンはパンクだよ: ズイノシン (9th Sept. @ Shibuya O-Nest)
button危ないミライ、ヒカリは地下から: 危ダビ少年院 feat. コンチ、煙巻ヨーコ Session + 藤乃家 舞、オプトラム + カコイヨシハル(from ズイノシン)、エンジェル・オー・ディー、ノイナン、ガルペプシ、ディステスト (2nd Sept. @ 六本木スーパーデラックス)
buttonビールで酔いの宴: スペースシャワー列伝 第五十三巻 feat. カットマン・ブーチェ、サケロック、デパペペ (12th Aug. @ 新宿ロフト)
button胸いっぱいの: 二階堂和美 (21st Jul. @ 新宿マーズ)
button季節がら入り混じりまして: Metalchicks' Pre-release Party feat. メタルチックス,ASA-Chang & 巡礼,にせんねんもんだい,キー (16th Jul. @ 渋谷ラッシュ)
buttonコラム : 環境的音楽"オシリらんNOSIN (16th Jul.)
buttonInterview : 現時点、最高のバンドである理由: ズイノシン (11th Jul.)
buttonHIPHOP苦手でもいらっしゃい: ECD (1st Jul. @ Shibuya O-nest)
button白と緑が危険にみえた夜だなぁ: MONG-HANG (18th Jun. @ Shimokitazawa Era)
button東京もんが集まるんも、こら〜当然だわ: 破壊宙 vol.2 (12th Jun. @ Shinjyuku JAM)
buttonInterview : あふりらんぽを知りたくないか!?: あふりらんぽ
buttonやんや言うけど、のびのびやって!: あふりらんぽ (3rd June. @ 渋谷O-Nest)
button今日ばっかりはひとことで表せない : 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. 生花, メタルチックス, ニルギリス, ズボンズ, レンチ(22nd May. @ 新宿ロフト)
button凄く大きい音が出て、そこでマゾンナは...: 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. ザ・原爆オナニーズ、DMBQ and マゾンナ(21st May. @ 新宿ロフト)
buttonい次元ワールド絶タイ楽しいYO=!: あふりらんぽ (20th May. @ 難波ベアーズ)
buttonInterview : アメリカで名を挙げたPeelander-Z: Peelander-Z (17th May)
button現実にペタペタ足つけて、踊りたいんだオレは : KAIKOO JAPAN TOUR feat. DJ BAKU、MSC、GOTH-TRAD、DJ KENTARO、韻踏合組合、and more... (13th May. @ 代官山ユニット)
button映画レヴュー : 悔恨したオレ、後追いはこれで終わりにしたい!: 『KAIKOO/邂逅』 (22nd Apr.)
buttonDown Beat Delux : ロッキン・イチロー・アンド・ブーギー・ウーギー・スイング・ボーイズ / モダーン今夜 (10th Apr. @ 川崎クラブチッタ)
buttonあがた森魚でぽんポがぽんポンあふりらんぽ : あがた森魚 and あふりらんぽ (9th Apr. @ 青山カイ)
buttonSXSW 編集後記 (16th - 20th Mar @ Austin TX)
buttonデンジャーMAD爆裂カルテット : DMBQ (18th Mar. @ SXSW05,Club de Ville Austin TX)
buttonインベーダージャパン 〜セカンド〜 : SXSW05特集コラム 第3話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
buttonインベーダージャパン 〜ファースト〜 : SXSW05特集コラム 第2話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
buttonロックンロールワークショップ発見 : ピーランダー-Z (19th Mar. @ SXSW05,mojo Austin TX)
buttonなんでSXSWに行ったの : SXSW05特集コラム 第1話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
button逆輸入はカッコ悪いぞジャパン : エレクトリック・イール・ショック (17th Mar. @ SXSW05,Bigsby's Austin TX)
buttonMag Special with SXSW05 (16th - 20th Mar @ Austin TX)
button頭ん中フラフラ革命 : モーサム・トーンベンダー GUEST : パニック・スマイル / あふりらんぽ (05/02/25 @ 渋谷 クアトロ)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第3回 何かでっかいことをしようぜ : 早田 英志 (05/02/20)
button驚きの白さ、抜群ケミカルウォッシュ : ザ・ケミカル・ブラザーズ (05/02/12 @ 渋谷 AX)
button脳ミソのうしろ側が開いてるのにアフロで隠してる : ザ・マーズ・ヴォルタ (05/02/08 @ リキッドルーム恵比寿)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第2回 変わった人たちが集まった : 日本脳炎、ギターウルフ and more (05/02/03)
buttonアッシュは煌きシャイニング : アッシュ (05/01/17 @ 渋谷 AX)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第1回 男、エメラルドに惹かれる : 早田 英志 (05/01/13)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Ryota "toddy" Toda and the same of the photos belongs to Ryota Mori. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.