button Abraham Cross
@ Mount System 2005,Tokyo Odaiba Open Court
(23rd Oct '05)

アブラハム・クロスです
Abraham Cross
 「トランスとハードコアの融合」、そないチープなタタキじゃ動かないって? 「ハウスを通過したハードコアの現在」、そんなものとっくに現在じゃないって? うんうん、たしかにそうかも知れない。最近はバンドの表面だけじゃ飽き足らず、バック・ボーンに目がいってしまう傾向があり、それは善くも悪くも確かな事実として有る。それに関してはどうにもこうにも逃れられないわけだけれども、ライヴを観た後に、このバンドはボアダムズのパクりだとかなんとか聞こえてくることがざらになってくると、ルーツなどつまらないものなんじゃないかと思えてくるのも感覚として有る。だって由々しきことだと思いますよ、パクりだからつまらんと言うのは。音楽、特にロックやんかはパクりを楽しんで前進していくのがオモシロいと思うのですが、みなさんはどうでしょう。

Abraham Cross  逸れたところから話は始まりましたが、マウント・システム、お日様もよっぽど楽しみにしていたとみえてギンギンに台場のコンクリを照らした10月の半ば、観客のハリキリ過ぎないユルめのテンションが支配して、前半戦はチルな空気が会場を覆っていた。しかし、後半の夕方に差し掛かったあたりから状況は変わりはじめ、どこに隠れていたのか濃ゆいお客さんが顔を出しはじめる。アブラハム・クロスが出演したのはちょうどその境目で、日陰に入ると一変、肌寒く感じるほどの時間帯であった。

 はじめの話に戻ると、アブラハム・クロスもあらゆるジャンルの音を包括するためか、他バンドとの類似性を指摘するひとが多い。最近ロウ・ライフで観た彼らのライヴは、パーカッションなどを取り入れた普段とは異なるトライバルなセットで展開されていたため、いつもに増して轟音ノイズが大音量で迫ってくる印象があり、まるで竜巻のようなライヴだったと記憶している。渦の中ではドゥームやスラッヂに通ずる重厚なリフも、中速で微かに聴こえるばかり。ぱっと思い浮かんだのは、サーファーズ・オブ・ロマンチカやボアダムズといった不定形なバンドたちであったが、それらよりもっと純度の高いハードコアというか、それらの影響をグッと詰め込んだ輪郭のはっきりしたバンドだとボクは思っていて、類似性以上に別解釈のダンス・ミュージックが鳴らされている"ハードコアというものの神秘性"に何か引き付けられるものがあり、そっちの方が気になっている。

Abraham Cross  マウント・システムにおける彼らのライヴは、そういった側面を考えると異常なほどストイックなパフォーマンスだった。ヴォーカルといってもほとんど象徴といった趣のあるサインのような動き、視覚から得られる情報と後ろで鳴っている轟音と、何を信じたらいいのかアタマをフル回転させても何も分からない。ビート以外のところで自分が踊っていることに気色悪さを感じつつ、この陶酔感にずっと浸っていたいとも思え、思いを巡らせるとあっという間にライヴは終了する。しかし、これが終わりなのかも分からず、残るのはふくらはぎが感じる心地よい疲労感のみ。だれかこのシステムを説明してくれないか。

 何か他のものと同じと言うならそれで完結すればいい。ボクにはどうにも訳が分からないので何度でも足を運ぶ。ただそれだけのことをやるのが窮屈なのは、やはり由々しき状況だと思うのですが... 終始話が逸れた気もしますが、このへんのバンドはその闘いを抜けたときどんな音を出してくれるのか、そこまで気になってしまうのだから楽しい。アブラハム・クロス、注目あれ。

Abraham Cross Abraham Cross
review by toddy and photos by ryota
==>top page : JPN / ENG

Mount System 2005

buttonReviews : Intro 「サウンド・システム / 台場に強磁場

Battle of Ninjamanz : 「究極のエンターテイメント
Abraham Cross : 「アブラハム・クロスです
The Mackshow : 「新しきを訪ねて古きを知る。
The Dead Pan Speakers : 「枝葉つける一本の...



buttonmag files : abraham

buttonアブラハム・クロスです (05/10/23 @ Tokyo Odaiba Open Court) : review by toddy,photos by ryota
buttonphoto report (05/10/23 @ Tokyo Odaiba Open Court) : photos by ryota


The official site

is unknowm

The latest album

",夜Live(カンマナイトライブ)"

Abraham Cross

check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

buttonどこでもニカイド、どこにもニカイド: 二階堂和美 (7th Nov. @ ザー・ザ・ズー代々木)
button枝葉つける一本の...: The Dead Pan Speakers (23rd Oct. @ 東京お台場オープンコート)
buttonサウンド・システム / 台場に強磁場: マウント・システム 2005 (23rd Oct. @ 東京お台場オープンコート)
button簡単にお隣フェスとはいかないぞ / 韓国ロックの黎明期を体験 / 韓国ロックの現在を体験: Gwang Myeong Music Valley Festival (7th to 9th Oct. @ Gwang Myeong City, Korea)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
buttonなにもかもほかして : ブリーチ(26th Oct. @ 渋谷AX)
buttonCD review : 『極楽都市 / 好物』 : Rumi(ルミ) (26th Oct.)
button流れるものは留められない : サウンド・トライブ・セクター・ナイン (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button黒は終わった、白くぬれ!: シアター・ブルック (30th Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonその日は近い: 二階堂和美 + 渋谷毅、外山明 (18th Sept. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonインディーの手鏡: タイム・ボム・レコーズ 15周年記念イヴェント feat. タミオ・イノウエ, ルインズ, ジ・イーヴンズ, ブラインド・ビースト (18th Sept. @ Shibuya Quattro)
buttonのび太くらいほっとけない: 危ダビ中年院 feat. ドラびでお、マキタ学級 with グレート義太夫、mr. natural(ミスター・ナチュラル) (17th Sept. @ Roppongi Super Delux)
buttonパンドラの箱空けた: マグマ (16th Sept. @ Shibuya O-East)
button突然の贈り物: カドゥ feat. 大貫妙子 (14th Sept. @ Yokohama Motion Blue)
button厚み増す年輪、追いかけても回帰: あふりらんぽ (10th Sept. @ Tsujido Sputnik Cafe)
button誤解上等、ズイノシンはパンクだよ: ズイノシン (9th Sept. @ Shibuya O-Nest)
button危ないミライ、ヒカリは地下から: 危ダビ少年院 feat. コンチ、煙巻ヨーコ Session + 藤乃家 舞、オプトラム + カコイヨシハル(from ズイノシン)、エンジェル・オー・ディー、ノイナン、ガルペプシ、ディステスト (2nd Sept. @ 六本木スーパーデラックス)
buttonビールで酔いの宴: スペースシャワー列伝 第五十三巻 feat. カットマン・ブーチェ、サケロック、デパペペ (12th Aug. @ 新宿ロフト)
button胸いっぱいの: 二階堂和美 (21st Jul. @ 新宿マーズ)
button季節がら入り混じりまして: Metalchicks' Pre-release Party feat. メタルチックス,ASA-Chang & 巡礼,にせんねんもんだい,キー (16th Jul. @ 渋谷ラッシュ)
buttonコラム : 環境的音楽"オシリらんNOSIN (16th Jul.)
buttonInterview : 現時点、最高のバンドである理由: ズイノシン (11th Jul.)
buttonHIPHOP苦手でもいらっしゃい: ECD (1st Jul. @ Shibuya O-nest)
button白と緑が危険にみえた夜だなぁ: MONG-HANG (18th Jun. @ Shimokitazawa Era)
button東京もんが集まるんも、こら〜当然だわ: 破壊宙 vol.2 (12th Jun. @ Shinjyuku JAM)
buttonInterview : あふりらんぽを知りたくないか!?: あふりらんぽ
buttonやんや言うけど、のびのびやって!: あふりらんぽ (3rd June. @ 渋谷O-Nest)
button今日ばっかりはひとことで表せない : 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. 生花, メタルチックス, ニルギリス, ズボンズ, レンチ(22nd May. @ 新宿ロフト)
button凄く大きい音が出て、そこでマゾンナは...: 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. ザ・原爆オナニーズ、DMBQ and マゾンナ(21st May. @ 新宿ロフト)
buttonい次元ワールド絶タイ楽しいYO=!: あふりらんぽ (20th May. @ 難波ベアーズ)
buttonInterview : アメリカで名を挙げたPeelander-Z: Peelander-Z (17th May)
button現実にペタペタ足つけて、踊りたいんだオレは : KAIKOO JAPAN TOUR feat. DJ BAKU、MSC、GOTH-TRAD、DJ KENTARO、韻踏合組合、and more... (13th May. @ 代官山ユニット)
button映画レヴュー : 悔恨したオレ、後追いはこれで終わりにしたい!: 『KAIKOO/邂逅』 (22nd Apr.)
buttonDown Beat Delux : ロッキン・イチロー・アンド・ブーギー・ウーギー・スイング・ボーイズ / モダーン今夜 (10th Apr. @ 川崎クラブチッタ)
buttonあがた森魚でぽんポがぽんポンあふりらんぽ : あがた森魚 and あふりらんぽ (9th Apr. @ 青山カイ)
buttonSXSW 編集後記 (16th - 20th Mar @ Austin TX)
buttonデンジャーMAD爆裂カルテット : DMBQ (18th Mar. @ SXSW05,Club de Ville Austin TX)
buttonインベーダージャパン 〜セカンド〜 : SXSW05特集コラム 第3話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
buttonインベーダージャパン 〜ファースト〜 : SXSW05特集コラム 第2話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
buttonロックンロールワークショップ発見 : ピーランダー-Z (19th Mar. @ SXSW05,mojo Austin TX)
buttonなんでSXSWに行ったの : SXSW05特集コラム 第1話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
button逆輸入はカッコ悪いぞジャパン : エレクトリック・イール・ショック (17th Mar. @ SXSW05,Bigsby's Austin TX)
buttonMag Special with SXSW05 (16th - 20th Mar @ Austin TX)
button頭ん中フラフラ革命 : モーサム・トーンベンダー GUEST : パニック・スマイル / あふりらんぽ (05/02/25 @ 渋谷 クアトロ)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第3回 何かでっかいことをしようぜ : 早田 英志 (05/02/20)
button驚きの白さ、抜群ケミカルウォッシュ : ザ・ケミカル・ブラザーズ (05/02/12 @ 渋谷 AX)
button脳ミソのうしろ側が開いてるのにアフロで隠してる : ザ・マーズ・ヴォルタ (05/02/08 @ リキッドルーム恵比寿)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第2回 変わった人たちが集まった : 日本脳炎、ギターウルフ and more (05/02/03)
buttonアッシュは煌きシャイニング : アッシュ (05/01/17 @ 渋谷 AX)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第1回 男、エメラルドに惹かれる : 早田 英志 (05/01/13)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Ryota "toddy" Toda and the same of the photos belongs to Ryota Mori. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.