buttonAsagiri Jam It's a beautiful day
@ Asagiri Arena (1st to 2nd Oct '05)

Ryukyudisko - RYUKYU流星号着陸 -


ryukyudisko

 世の中にはニッチなもの・こと探しに没頭している人のなんと多いことか。ファッション、アート、音楽…こと音楽に関しては、音楽業界自体がジプシーのごとき放浪を繰り返しているようにも思える。最高にニッチなアーティスト(?)であったマツケンや、マイヤヒがまさかの大ブレイク。今や、自分だけが知っている楽しみを愛でるなんて趣味は、多大なエネルギーを伴いつつも時がくれば手元を離れてしまう、虚しい作業になってしまったのかもしれない。

ryukyudisko と、ここでRYUKYU DISKOの名前を出してしまうと「もうメジャーだよ」なんてジプシー達に一喝されてしまいそうだ。しかし、別の角度から見てみるとどうだろう?RYUKYU DISKOのサウンドには、いわゆる「〜系」では括れないスキマ産業的な魅力に溢れている。そう、とってもニッチな音であると言えるのではないだろうか?

 フジではじめて耳にした時、このユニット名に今ハヤリの民俗調メロディをちょいと頂いてアレンジした、よくある「禁じ手」を使ったサウンドなんだろうな〜と、シニカルな目線でいた。どうも、この日本人という民族のDNAに訴えかける音階や曲調を前面に打ち出すサウンドが好きではない。確信犯すぎる。日本古来の音楽が嫌いなのではない。先人の豊かな文化を受け継ぐことも必要だが、クリエイトする力も大事だ。借り物ばかりでは情けないではないか。日本的でいながら、その民族性に属し過ぎない、もっと世界観の大きなサウンドはないものかと常々思っていた。

 しかし、ひょんなことから観ることのできた、朝霧でのRYUKYU DISKOはまさにそんな私が求める多彩な世界観に満ちたサウンドだった。

ryukyudisko 夕暮れのMonnshine stageでの沖縄兄弟は、遠目からは、まるで烏帽子をかぶった殿上人がターンテーブルの前にいるようにも見えたけれど、近寄ってみると、どうやら沖縄の民族衣装に身を包んでいるようだ。

 胃に響くようなレトロなリズムが有無を言わさず体を浸食する。独特な南方音階だからかもしれないが、湿っぽさのまったくない、見事にテクノと融合してキャッチーさを醸し出したフュージョンサウンドはアッパレ!なくらい人々を高揚させる。扇子ふりたい程にカッコイイではないか!盆踊りDNAも手伝って、体がムズムズしてとめようがない。背後には、頭に雲の帽子をかぶった富士山が夕日に照らされている。ステージの青白い照明と、黄昏時のピンクがかった空とのコントラストがあまりに綺麗で、過酷だった今年のフジを遠い過去のように思い出す。

 お祭りムード漂うハッピーチューンは、親しみやすさに溢れているが、馴れあう様なベタベタな展開は見せない。予定調和ではないサウンド、この微妙な感覚が秀逸だ。みんなもきっと大好きな、このニッチな部分、これがイイ。

ryukyudisko
 途中、沖縄民謡の女性ボーカリストも参加して、サウンドにも深みが増し、ますますもってステージは沖縄一色に染まる。圧巻でもあるが、私個人としては、さっきまでのレトロスタイルなテクノに沖縄リズムやキッチュなゲーム音楽のようなテイスト、他のアジアの国までも連想させるような空気感につつまれた曲の方が好きだ。私がほしいのは、沖縄というピンスポットな地域であり日本全体でもあり、テクノでもあり南方音階でもあり、現代でもあり過去でもあり、全てを感じさせながら、その中のどれでもない、枠にはめることができないRYUKYU DISKO独自のサウンドなのだ。

 この細〜いスキマの様な未踏の地を求めている人は多いのではなかろうか?奥の細道をRYUKYUパワーでぐいっ!と押し広げてワールドワイドにブレイクしてほしいぞ。

 このラッキーな出会いとこれからのRYUKYU DISKOへの期待などを胸に抱き、すっかり暗くなった夜空の星を見上げる。あ、一番星、と心で思った瞬間、後ろの方で誰かが「一番星だ!」と嬉しそうに言うのを聞いて、こんなに楽しいステージ、誰かと一緒に観たかったな〜と、思ってしまった。うーん残念。



report by mimi and photos by hiroqui

photos : A Hundred Birds<- | Ryukyudisko | ->Sun Paulo

Asagiri Jam : It's a beautiful day - intro - (JAP / ENG)
over all photo documentary
1st (sat) Oct
Rainbow Stage

David Boyles
ohana (review)
Mo'some Tonebender (review)
Flogging Molly (review)
STS9 (review)
The String Cheese Incident

Moonshine Stage

Meltone
Yoku
A Hundred Birds (review)
Ryukyudisko (review)
Sun Paulo (review)
Rei Harakami
Russell Haswell / Surgeon
2nd (sun) Oct
Rainbow Stage

Inokasira Jinba-no Taki Taiko (review)
Sandii (review)
Electrelane
African Head Charge (review)
Gravenhurst
Aimee Mann
Magokoro Brothers


Moonshine Stage

Little Creatures
Kaoru Inoue (chari chari)
Kosmic Renaissance
The Disciples
Rob Smith (Smith & Mighty, More Rockers) (review)
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Asagiri Jam
buttonJam Special '04 : JAP / ENG (04/10/02 - 03) : photos by hanasan, ryota, sama and yusuke
buttonreview (02/09/28 - 29) : review by akira noguchi, photos by hanasan and maki
button今年は雨 (02/09/28 - 29) : review by nob, photos by ikesan
buttonphoto report (02/09/28 - 29) : , photos by ikesan

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : 琉球ディスコ (Ryukyudisko)

buttonRYUKYU流星号着陸 (05/10/01 @ Asagiri Arena) : review by mimi, photos by hiroqui
buttonphoto report (05/10/01 @ Asagiri Arena) : photos by hiroqui


The official site

琉球ディスコ (Ryukyudisko)

http://www.ryukyudisko.com/

The latest album

琉球ディスコ

"RYUKYUDISK O TECH"
The latest single

琉球ディスコ

"CHURAZIMA"

previous works


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

buttonAsagiri Jam - It's a beautiful day : RYUKYU流星号着陸 : 琉球ディスコ, ハワイ経由で体感した朝霧のマナ : サンディ : (1st & 2nd Oct. @ Asagiri Arena )
buttonおFutonナイトで踊って踊ってオヤスミナサイ : Vanity feat. Futon, The Vivians, Printed Circuit (28th Apr @ Shibuya La Fabrique)

button2004

buttonピンクの目ツブシ光線で新鮮ハピネス : Primal Scream (16th Mar. @ Shibuya AX)

button2003

button 長毛のたハむれ(アホー): Super Furry Animals (26th Dec. @ Shinjuku ACB Hall)
button漲っております!: YEAH YEAH YEAHS (6th Oct. @ Shibuya AX)
button白鳥キタ!: AMP 白鳥の湖 (6th Apr. @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
buttonヤヴァイ★歌舞伎町宴遊会 : BECK (31st Mar. @ Shinjuku Liquid Room)
button豊穣ナリモ眼光炯々タリ★死Death在in維加斯Vegas : Death In Vegas (5th Feb. @ Shibuya Quattro)


button2002

button 長毛のたハむれ(アホー): Super Furry Animals (26th Dec. @ Shinjuku ACB Hall)
button純植物性アイスクリームの味わい : George (3rd Dec. @ Shibuya BOXX)
buttonそぉさ、オバアちゃん!ねえ、西くーん! : Primal Scream (18th Nov. @ Zepp Tokyo)
button天高くオアシスの秋…の一日 : OASIS (29th Sept. @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonサンキュサンキュサンキュ★MOBY★サンキュサンキュサンキュ! : Moby (9th Sept. @ Akasaka Blitz)
buttonOTAKU達の宴 : Diskaholiks Anonymous Trio (17th Nov. @ Gebaeude 9, Cologne)
buttonオーガニックな地球人バンド : Incubus (2nd Mar. @ Zepp Tokyo)
buttonマエ! : 高円寺百景 (7th Nov. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
button『And all that could have been Live』(DVD) : Nine Inch Nails
button大阪でデストローイ!!Alec Empire (3rd Feb. @ Osaka Bayside Jenny)
buttonDJ at 大阪タワーレコードAlec Empire (3rd Feb. @ Osaka Tower Records)
buttonI'm addicted to you,Alec!!Alec Empire (1st Feb. @ Akasaka Blitz)
buttonDJ at 新宿タワーレコードAlec Empire (31st Jan. @ Shinjuku Tower Records)
button♪素敵なヘンなおじさん♪Money Mark (28th Jan. @ Shibuya On Air East)
button凛として... : buffalo daughter (13th Jan. @ Shibuya AX)


button2001

buttonなぜpeace1212か... : peace1212(V∞REDOMES) (12th Dec. @ Shinjuku Liquid Room)
button後100回は見たい! : Air (French) (26th Sept. @ Olympia, Paris)
button「王子様」はあたってると思うけど : Air (French) (16th Aug. @ Shinjuku Liquid Room)
buttonアレック、かっけええええ!!!! : ALEC EMPIRE (28th and 29th Jul. @ FUji Rock Festival)
buttonハー... いいライブだったねー、ハー... : SONIC YOUTH (20th Feb. @ Akasaka Blitz)


button2000

button嬉しすぎる速攻再来日! : Asian Dub Foundation & Audio Active (3rd Oct. @ Akasaka Blitz)
buttonダサかわいいパーティ・ライブ : powerman5000 (13th Sept. @ Akasaka Blitz)
buttonSLIPKNOTぐるぐる : Slipknot (7th Feb. @ Shibuya Quattro)
buttonNine Inch Nails(with A PERFECT CIRCLE ) : (13th Jun. @ GM place in VANCOUBER)
buttonNine Inch Nails(with A PERFECT CIRCLE ) : (9th Jun. @ Gorge Amphitheatre in GEORGE, WA)
buttonNIN INCH NAILSにPERFECT K.O! : Nine Inch Nails (14th Jan. @ Pacifico Yokohama)


button1999

buttonRevolution Action Japan '99 : ATR!ATR!ATR! (1st Oct. @ Aksaka Blitz)
buttonフジっこ生態調査報告 : (31st Jul. @ Fuji Rock Festival)
buttonブラチュー状態続行中 : Blur (31st Jul. @ Fuji Rock Festival)
buttonウェールズ産の無印(超)良品! : Stereophonics (12th Jun. @ Alasaka Blitz)
buttonKula Shakerはナチュラルドラッグだ!! : Kula Shaker (5th Jun. @ Zepp Tokyo)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Hiroqui Nishimura. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.