button Niigata Aid feat. Theatre Brook and more...
@ Shibuya AX (23th Jan '05)

「意識」


Theatre Brook
 ステージに揺れるロウソクは、子供の頃にアニメか何かで見た様な風景。ロウソクのひとつひとつが人の命で、消えたら死ぬんだって、おばあちゃんか誰かが説明してくれた覚えがある。簡単に消えるものなんだって聞いて、幼いあたしはひどく怖かった。なんともチャリティーに相応しい舞台。開演を待ちわびつつ、スタート前からまわるDJに体を預ける。

Theatre Brook  出演者が多いこのイベントでは、客層も様々、さしずめ異種格闘戦といった趣。トップのエマーソン北村に続き、tobaccojuiceや、浜崎貴司がステージに立つ。四弦楽シンフォニックにMCUのラップを組み合わせたりと実験的なステージング。こういう遊びができるのも、アーティストの自発的イベントならでは。浜崎のFlying Kids時代の名曲「幸せであるように」が聴けたのも嬉しい。このタイミングで聴くとマジで泣くよ? 事実、震災によっていろんな人がいろんな別れを経験したはずだ。あたしだったら…どうするんだろう。

 「新潟の地震があって、その後スマトラの津波があったじゃないスか。…そういう…、自然災害で、子供を失った親、親を失った子供、恋人をなくした人。いろんなものを…失ったと、思います。」

Theatre Brook  佐藤タイジは、ステージに現れてすぐに、そう口にした。そして、一分の黙祷。しんと静まる客席に、時折出入りする人がいるのか、ドアが開いてロビーで談笑するたくさんの人の声が聞こえてくる。目をつぶっているからわからないけれど、たぶんお目当てのゲスト登場まで、外で過ごしているのだろう。

 その沈黙の後に演奏されたのは”まばたき”。ゆるやかに強く伸びる声、単純に美声だけど、それだけじゃない。タイジの声はどこかデニムの匂いがする。「ドアをあけて踏み出せ」と何度となく繰り返す歌詞。このメロディアスな曲の最後に、叫ぶ様なワウプレイが入った。いつまでもいつまでも鳴り響くその音には、沈黙を一瞬で解放する力がこもっている。どうかこの音が、新潟にもスマトラにも…天国にも、届きますように。

 そのすぐ後に、ゲストを迎えてのセッションパートがスタート。これもまた、イベントの実験性が現れたおもしろい企画だと思う。タンバリンを振って眩い笑顔で歌うLeyonaの「音楽なんだから、楽しんでいいんだよ?」という煽りに「日本は自由な国なんだ、だからこんなことだってできる。できない国だってあるんだ」とタイジが答える。

Theatre Brook  続いて、ギターバトルを子供の様に楽しむ清春。突然飛び交う黄色い声援に「なんや、今日反応悪い思うたらみんな清春くん目当てやったんや」と思わずタイジが苦笑する場面も。そして、BUCK-TICKのヴォーカルで、最近はソロワークも行う櫻井敦司。「一発…かましますよ?」と不敵に微笑み、客席を大胆に煽ってゆく。「ライヴは必ず盛り上がらなければいけないのか?」と疑問を抱いてステージに立っていた数年前の姿はない。己のキャラクターとポジションを知ったパフォーマンスでタイジに妖しく絡みついてゆく。そこから一瞬だけプレーンなシアターブルックに戻り、一人ずつ出演者をステージに呼んでの大セッション大会。ステージは確かに完成していた。

 だが、すでに客数は減っていた。ゲストが現れるたびにくるくると入れ替わった客層が、ここで本当に絞られたように感じる。なにせ、外は雪だ。アンコールを求めることもなく、さっと客席が空になる。立場上、チケットを買っていないので、ロビーのチャリティーカウンターで少しだけど募金した。勿論、他にも何人かが募金している。だけど、その前を早足で通り過ぎてゆく人波に、時々肩がぶつかった。

 これも含めての「自由」なのだから、別に構わないのだけど。…だけど。

 帰り、雪の中を歩きながらずっと考えていた。いいイベントだったのに、何かが自分の中でしっくりこない。勿論シアターブルックは大好きだし、他の出演者も客席も、自分にできることをしたはずなんだ。もっと、おもしろいイベントになるはずだったんじゃないのか。たぶん企画した段階で、彼らもそう確信していたと思う。だからこそ、あたしは言いたい。

 「本当に、これでよかったの?」と。
Theatre Brook
report by yuka and photo by naoaki

keco's photo report 1 I 2 / naoaki's photo report 1 I 2 I 3 | review by yuka & taiki

buttonmag files : Theatre Brook, Taiji Sato, Sun Paulo

buttonNiigata Aid (05/01/23 @ Shibuya AX) : report by taiki, photo by keco
button意識 (05/01/23 @ Shibuya AX) : report by yuka, photo by naoaki
buttonphoto report (05/01/23 @ Shibuya AX) : photo by naoaki
buttonphoto report (05/01/23 @ Shibuya AX) : photo by keco


The official site

Theatre Brook

http://www.theatrebrook.com/

The latest live album

Theatre Brook

"03.04.28 LOFT / 03.06.22 LIQUID ROOM"
3rd stone records


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
Search Now:
In Association with Amazon.com
The latest album

Theatre Brook


"THE COMPLETE OF THEATRE BROOK(CCCD) "
初回限定DVD付きはこちら


previous works

Theatre Brook" (The latest studio album)
"外道 TRIBUTE ゲゲゲの外道讃歌" (compilation 1 track)
"オレタチフューチャー" (CCCD MAXI 2trax)
"I AM THE SPACE, YOU ARE THE SUN"
"心臓の目覚めるとき/ただの道" (MAXI 2 trax)
"SPECIAL"
"ありったけの愛" (MAXI 2trax)
"涙の海" (MAXI 3trax)
"VIRACOCHA"
"ノックし続ける男" (MAXI 2trax)
"まぶたの裏に" (MAXI 2trax)
"SOUL DRIVER" (MAXI 3trax)
"Typhoon Shelter"
"TROPOPAUSE"
"まばたき" (SINGLE 2trax)
"捨てちまえ" (SINGLE 2trax)
"TALISMAN"
"ドレッドライダー" (MAXI 2trax)
"あふれだすばかり" (MAXI 3trax)
"カーム・ダウン" (5 trax)
"もういちど逢いたくて" (サントラ 1 track)
"非国民"
"SENSEMILLA"
previous works by yuka

button2005

button轟音デンデケデケデケ : Happy Dispatch (25th Jan @ Shibuya Aoi Heya)
buttonInterview with The Surf Coasters (中シゲヲ) : サーフコースターズと呼ばれた男 (21st Jan)

button2004

buttonWINTER SURF PARTY! : THE SURF COASTERS (30th Dec @ Shimokitazawa 440)
buttonDisc review : PRIVATE RECORDINGS vol. : THE SURF COASTERS (6th Jan)
button決して死なないロックンロールを貫きます。 : Gasolines (18th Dec @ Yoyogi Labo)
buttonトナカイが舞う夜 : Kemuri (25th Dec @ CLUB CITTA' KAWASAKI)
buttonDisc review : THE SURF COASTERS ON STAGE! : THE SURF COASTERS (30th Dec)
buttonDisc review : 教育 : 東京事変 (25th Nov)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yuka Koyama and the same of the photos belongs to Naoaki Okamura. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.