button かわちながの世界民族音楽祭 〜トランス・ヨーロッパ・フェス〜
feat. FANFARE CHIOCARLIA, THINK OF ONE and KiLA
@ 河内長野ラブリーホール (29th Aug. '04)

part 1 - KiLA

KiLA
KiLA KiLA KiLA
KiLA
KiLA KiLA
KiLA KiLA
 
 アイリッシュ・トラッドをベースにしながらアフリカ、ジプシー、プログレ、サイケ、実に様々な要素がトランシーに展開していく新作『luna park』が絶賛されているキーラ。その中心メンバー、オ・スノディ三兄弟の次男、ソロ作『tonnta ro』も好評なフロントマンのローナンの、まるで歴史絵巻から抜け出してきたかのようないでたちとルックス、ボーランという大きなタンバリンのような民族打楽器を小刻みに打ち鳴らしながら、強固な光を瞳にたぎらせて、まるで何かの儀式を執り行うかのようにステージを徘徊する仕草は、昨今流行りのモダンなミクスチャー・トラディションというようなイメージの対極にある。紅一点、フィドルのディーとはまさに美女と野獣だ。

 曲ごとに、長男カラムのフルートやギター、三男ロッサのマンドリンや木笛、鍮笛、オーウェン・ディロンのイリアン・パイプと多彩で繊細なインストゥルメンツが入れ替わりリードを取るのだけれど、なによりも印象的なのは、そのメロディともリズムともつかない渾然となったプリミティヴな音の層。そこにローナンの、地底から沸々と湧き出てくる呻きのような切れのよい歌声、というか呪文のようなかけ声、と、軽やかなボーランの、コロコロとした乾いた音階がアクセントを付ける。

 演奏時間45分で6曲というセットで、とくに10分以上も延々と演奏されたラストの曲は、強力でプリミティヴなアフロ・トラッドのリズムとファンクネスで観客を飲み込むと、海を越えて、まるで鳥の目線で大地を見下ろすかのようにヨーロッパ大陸を悠々と越境していく、そんな感覚は痛快の一言。その独特の磁力を放つグルーヴには、思わずゾクゾクと鳥肌が立ってしまうほどだった。
report and photo by ken


==>top page : JPN / ENG

 part 1 - KiLA

 part 2 - THINK OF ONE

 part 3 - FANFARE CHIOCARLIA

 part 4 - After Stage Sessions "Gypsy Brass Dynamite Party"

ボタン mag files :

buttonかわちながの世界民族音楽祭
トランス・ヨーロッパ・フェス (04/08/29 @ 河内長野ラブリーホール) : report and photo by ken

==>top page : JPN / ENG


The official site :

KiLA


http://www.kila.ie/


The latest album

KiLA

"Luna Park"
( US import / UK import )

previous works ;

"Lemonade & Buns" ( US import / UK import ) "Handel's Fantasy" ( US import )
"Mysterious Crunching" ( UK import )



check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by ken

button2004

button波の音が聞こえない : Jack Johnson & Donavon Frankenreiter (4th Aug. @ Namba Hatch )
button侘び寂び : Cat Powerand Women & Children (1st Jun @ Shinsaibashi Quattro )
buttonローマ -ベティ・イサンゴ・ドゥグ・ビルバオ- : Street Beat Festival (18th Apr. @ Piazza dei Tribuni in Rome )
buttonミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと- : Street Beat Festival (17th Apr. @ Leonkavallo in Milan )
buttonボルツァーノ -bad dog outside!- : Street Beat Festival (16th Apr. @ Ku.Bo in Bolzano )
buttonボローニャ -赤い街から煙る街へ- : Street Beat Festival (15th Apr. @ Estragon in Bologna )
buttonフィレンツェ -日本にはない空気- : Street Beat Festival (14th Apr. @ Auditorium Flog in Firenze )
button祭りだ、祭り : Shibusa Shirazu (10th Mar @ Shinsaibashi Quattro )
buttonポストモダン・ニンジャたちに時代は追いついたか : NINJA TUNE (4th Mar @ Osaka Mother Hall)
button泥酔エンターテイナー : Gaz Mayall (13th Mar @ Osaka Big Cat)
buttonこれほど罪深いものは、ない : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (1st Mar @ Namba Hatch)
buttonこの瞬間に存在するドキュメント : Meganoidi (7th Feb @ Osaka Big Cat)
buttonDisc Review : karamelo santo / 『Los Guachos』
(4th Feb)
buttonDisc Review : MANA / 『Revolucion De Amor』
(4th Feb)
buttonDisc Review : WAGNER PA BRAZUCA MATRACA / 『el imparable transeunte』
(12th Jan)
buttonDisc Review : WAGNER PA BRAZUCA MATRACA / 『el imparable transeunte』
(12th Jan)

button2003

buttonDisc Review : Rage Against The Machine / 『Live at the Grand Olympic Auditorium』
(16th Dec)
buttonno title : BETAGARRI with BUSH OF GHOSTS and a million bamboo (25th Nov @ Osaka Big Cat)
buttonDisc Review : CHEB BALOWSKI / 『Potiner』
(18th Nov)
buttonDisc Review : Double Famous / 『Live in Japan』
(7th Oct)
buttonPUNKの本質か、変幻自在のSKAか、またはCALCHO ROCK? : Banda Bassotti (11th May @ Osaka BIG CAT)
buttonKeep rising : Asian Dub Foundation with DRY&HEAVY, Adrian Sherwood (3rd Apr @ Osaka Mother Hall)
buttonDisc Review : BANDA BASSOTTI / 『ASI ES VIDA』 (3rd Mar)
button有事法のまやかし〜 国民を守らない有事法 〜 (11th May)
buttonク〜ラゲ、クラゲ、よく見てクラゲ♪ ク〜ラゲ、クラゲ、愛してクラゲ♪ : The Salsa Gum Tape (2nd Mar @ ビッグ・アイ国際障害者交流センター)


button2002

buttoninterview : イタリアの闘うロッカー訊く : Banda Bassottiに(28th Oct)
buttonリンクする音楽とマインド : Kevens (Jul)
button死神が祝福している (Jun)
button有事法制が最初に殺すもの (18th May)
buttonやがて訪れる日を思い (13th May)
button『フリー・ジャズ』発〜 『禅』経由〜 『初期衝動』往き : Diskaholiks anonymous (27th Mar @ Juso Fandango)
button細胞と宇宙がこのリズムを知っている : OZOMATLI (17th Mar @ Shinsaibashi Quattro)
button『定番』という普遍性 : OCEAN COLOUR SCEN (25th Jan @ On Air Osaka)
button"音"を越えて伝わるもの : The 3PEACE (5th Jan @ Osaka BIG CAT)


button2001

buttonFuji Rock Festival '01 in Naeba : (26th to 30th Jul in Naeba)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos and the article belongs to Kentaro "ken" Kodama. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.