button韓国ロック特集 - Rockin' Seoul!

mag radの韓国インディー・ロック・レポート

part 4 - Interview

『SUGARDONUT』

SUGARDONUT
 ココアのライブ翌日、レコード・レーベルのサムジーのオフィスがあるビルにて、ココア、ナスティヨーナ、シュガードーナッツへのインタビューをする機会をもらえた。到着したこちら取材チームより先にオフィスで待っていてくれたのは、シュガードーナッツのメンバーだ。元々インターネットを通じて知り合ったというメンバーがバンドを結成したのは、三年前の夏。去年の夏には、フジロック・フェスティバルのレッドマーキーへの出演も果たしている。 SUGARDONUT

●元々どんな音楽が好きだったんですか?

チャンス(Vocal/Guitar)「子供の頃は、めちゃくちゃポピュラーな音楽ばかり聴いていたね。その後、メタルを聴き出して。それからニルバーナやレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンに影響を受けたね。エナジーのある音楽が好きなんだ」

ディアル(Drums)「ヘビーメタル、デスメタルを聴いて、それからニルバーナ、ウィーザーを聴いたね。あと、エモコアのバンド。ユーズドとか。元ゴーイング・ステディのタケオさんとスネイル・ランプのイシマルさんがやってるミルナッツとも仲がいいんだよ」

タク(Bass)「ぼくはパンテラだね。あと、インキュバス、ニュー・ファウンド・グローリーとか」

●そういった音楽のどんなところに惹かれたんだと思います?

ディアル「力強さだね」

チャンス「その時代その時代で一番個性を持っていて、パワーのあるバンドたちだったからだね」
SUGARDONUT

 メンバー自身語っているように、シュガードーナッツの音には、エモコアやメロディック・パンクといった90s-00sのUSロックからの影響が大きく感じられる。しかし、お手本にするバンドの歌詞は当然全て英語。日本でもメロディック・パンクのブームのなか、英語で歌うバンドや、そこから日本語で歌い始めたバンドなど、それぞれのバンドが歌う言葉について折り合いをつけてきた。シュガードーナッツも母国語の韓国語で歌うことに葛藤はなかったのだろうか。

●アメリカのアーティストから影響を受けているようだけど、英語で歌おうと思わなかったの?

チャンス「やっぱり、ぼくが住んでいるのは韓国だし。あと韓国は保守的なところもあって、韓国の言葉で歌わないと認めてもらえないところもあるんだ。次に出すアルバムでは、韓国語のバージョンと、英語のバージョンの2種類出そうと思ってるよ」

●次のアルバムの曲はもう出来ているんですか?

チャンス「今のところまだデモの段階だけど。今よりももっと成長したバンドの姿を見せたいと思ってる」
SUGARDONUT

●作曲のクレジットが個人ではなくて"シュガードーナッツ"になっているのはどうして?

チ「曲のテーマは誰か一人がもってくるものなんだけど、バンドの音楽って一人で作れるものじゃないと思うし。シュガードーナッツの曲は、シュガードーナッツっていうバンドで作るものだから、バンドの名前をクレジットしてるんだよ」

●でも、「これは俺が作ったんだ」とか、言い争いになることはない?

ディアル「(一同笑)。そんなことはないよ。バンド全員で作った歌だと思ってるよ」

●バンドの他に何か仕事を持ってるの?

ディアル「今はバンド・オンリーだね。あと、ちょっとだけドラムを教えてる。女の子限定だけどね(笑)休みの日はミュージック・ビデオをよく見て、ライブのときのアクションを考えたりしてる」

タク「オフの日はぼくは家で休んでる。パソコンでゲームをやったりするね」

チャンス「家でミシンを使ってカバンを作ってるよ。まだ売るほどは作れていないけど。時間が限られてるから、バンド活動と仕事を両立するのって難しいんだよね」

 インタビューの間中、冗談を交えながら喋り、やんちゃなイメージが強いのだが、その裏でインディー・シーンでサバイブしてきている強さも覗かせる。先輩としてインディー・シーンを切り開いてきたココアについては、「自分がやらないといけないことをやりながら、ずっと長い間バンドを頑張ってる、素晴らしい人たちだと思う」とリスペクトのコメントを残してくれた。いよいよ次はココアへのインタビューだ。


report by rad and photo by hanasan

BACK <- [ intro | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 番外編 : 1 | 2 ] -> NEXT

韓国ロック特集 - Rockin' Seoul!

buttonIntro : 韓国ロックをチェックしろ! : photo and comment by hanasan
buttonmag radの韓国インディー・ロック・レポート : report by rad, photo by hanasan
 part 1 - はじめに
 part 2 - 韓国到着
 part 3 - Cocore LIVE in ソウル
 part 4 - Interview Sugardonut
 part 5 - Interview Cocore vol.1
button番外編 photo report of cocore with Sagitta and 59 (04/04/24 @ Koenji UFO club) : photo by nachi
buttonphoto report (04/06/12 @ Ssamzie Space Baram, Seoul)

buttonmag files :

buttonInterview : SUGARDONUT (04/06/12 @ Seoul, KOREA)
==>top page : JPN / ENG


The official site of

SUGARDONUT is;

http://www.sugardonuts.co.kr/



The official site of

ssamzie is;

http://www.ssamnet.com/


check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by rad

button2004

buttonキャプテンズはマジだった : THE CAPTAINS (30th Aug. 04 @ Takadanobaba Phase)
buttonリバプールからの挨拶 : THE BANDITS, THE ZUTONS (30th May 04 @ Shibuya Quattro)
button不滅の男、エンケンの声を聞け : Interview 遠藤賢司 (4th Apr. 04)
buttonひとりきりの夜に : Jackson Browne (22nd Apr. 04 @ Tokyo Bunkamura Orchard Hall)
button新しいクラシック・ロック : INCUBUS (4th Mar. 04 @ Nippon Budokan)
button技のデパート : Galactic (5th Feb 04 @ Shibuya Quattro)
button50歳の子供 : 中川五郎 (1st Feb 04 @ Shimokitazawa La Cana)
buttonジョイン・トゥゲザー : Salsa Gum Tape : (17th Jan 04)
buttoninterview with 梶原徹也 (The3PEACE) vol.2 サルサガムテープは圧倒的な肯定のバイブレーション : (16th Jan 04)
buttoninterview with 梶原徹也 (The3PEACE) vol.1 ジョン・レノンとパンクのメッセージは基本的には同じだなって感じてた : (16th Jan 04)
buttonハッピーに笑顔の年越し : The3PEACE (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)

button2003

button『Burning Motors Go Last Heaven : Thee Michelle Gun Elephant (DVD Review)
buttonここから化けるか…!? : 惑星 & understatements (12th Dec @ Shimokitazawa Club Que)
button大っきくてウマい : Robert Randolph and The Family Band (10th Dec @ Shinjuku Liquid Room)
buttonそっちは最高! : BLACK BOTTOM BRASS BAND (20th Nov @ Shimokitazawa Shelter)
buttonロックンロール奇跡の夜 : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yohei "rad" Kobayashi and the copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.