button韓国ロック特集 - Rockin' Seoul!

mag radの韓国インディー・ロック・レポート

part 7 - Interview

『COCORE』
vol.3

COCORE


●そういう状況のなかでロックをやるのは簡単なことではなかったと思うんですが、それでもやろうと思ったのは?

ウソン「悪いって言われていても、若い連中はロックやバンドが好きで、それでやってたんだ」

ジェクォン「何かをやらないといけないっていうんじゃなくて、とにかくやりたいからやるっていう。そういう気持ちさえあれば状況なんかどうにでもなると思う」
Cocore

●その状況のなかでどうやって音楽を知っていったんですか?

ウソン「たいがいのものは禁止になってたんだけど、海賊版のようなものを闇市で買ってたね」

●いつまで政府の規制はあったんですか?

ミョンス「少しずつ緩くなっていったんだけど、それまではリリースする前に歌詞に問題がないかとかをチェックされてたんだ。90年代始めにそれがなくなったことは覚えてる」

●その対象は韓国のバンドだけ?

ミョンス「いや、海外の音楽もだね。メタリカの場合でも、ひっかかる曲があればそれだけ抜いて販売になったりとか」

●韓国ってロックのマーケットは小さいんですか?

ウソン「ジャンルでみても小さいし、マニア受けみたいな感じで、数も小さいね」

ミョンス「ダンスミュージックやアイドルグループが、バンバン出て来てるから、インディーっていうのを抜きにしてもロック自体がマイナーなんだよね」

●じゃあメジャーのなかでもロックバンドはあまりない?

ミョンス「メジャーでもロックは小さいね。今の韓国だと、ダンスミュージックかバラードしか流行らないんだ」

ウソン「もしロックバンドがでてきても"ロックバラード"になっちゃうんじゃないかな(笑)」

ミョンス「ダンスミュージックは明るい歌ばっかりだし、バラードになると今度は生き別れだとかそういうテーマの悲しい歌ばっかりになっちゃうんだよね」
Cocore

●じゃあメジャーのなかでもロックバンドはあまりない?

ミョンス「メジャーでもロックは小さいね。今の韓国だと、ダンスミュージックかバラードしか流行らないんだ」

ウソン「もしロックバンドがでてきても"ロックバラード"になっちゃうんじゃないかな(笑)」

ミョンス「ダンスミュージックは明るい歌ばっかりだし、バラードになると今度は生き別れだとかそういうテーマの悲しい歌ばっかりになっちゃうんだよね」

●それでもバンドを続けるエネルギーってどこから来るんですか?

ウソン「マーケットがそんな感じだから、それに対する反発かな(笑)。やっぱりロックミュージシャンはちょっとおかしい人が多いから。テレビでたくさん出てるものへの反発かな」

 80年代にミョンスが聴いていたという、シン・ジュヒョンのCDを韓国のCDショップで購入し、聴いてみた。ドラム、ベース、ギターと、それぞれの楽器の輪郭がクッキリした音作り。60年代のブリティッシュ・バンドを思わせるグルービーな演奏はかなりカッコイイが、聴いているこちらまでツバが飛んできそうなアクの強いボーカルは、正直言って、今の韓国ロックを聴いた耳にはあまり馴染まなかった。ただ、その力のこもったボーカルからは、ロック、音楽への強烈な思いを感じることができた。そのスピリットは、10代の頃を韓国ロックにとって冬の時代に過ごし、その後、韓国のインディー・シーンを切り開いた今でも、バンドだけで生活することはできないという厳しい状況のなかで活動を続けて来た、ココアを勇気づけたのかもしれない。


report by rad and photo by hanasan<

BACK <- [ intro | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 番外編 : 1 | 2 ] -> NEXT

韓国ロック特集 - Rockin' Seoul!

buttonIntro : 韓国ロックをチェックしろ! : photo and comment by hanasan
buttonmag radの韓国インディー・ロック・レポート : report by rad, photo by hanasan
 part 1 - はじめに
 part 2 - 韓国到着
 part 3 - Cocore LIVE in ソウル
 part 4 - Interview Sugardonut
 part 5 - Interview Cocore vol.1
button番外編 photo report of cocore with Sagitta and 59 (04/04/24 @ Koenji UFO club) : photo by nachi
buttonphoto report (04/06/12 @ Ssamzie Space Baram, Seoul)

buttonmag files :

buttonInterview : COCORE (04/06/12 @ Seoul, KOREA)
buttonCOCORE LIVE in ソウル (04/06/12 @ SSAMZIE SPACE BARAM, Seoul)
buttonphoto report (04/06/12 @ SSAMZIE SPACE BARAM, Seoul)
buttonphoto report (04/04/24 @ Koenji UFO club) : photo by nachi
buttonphoto report (04/02/28 @ SSAMNET , Seoul) : photo by hanasan
buttonphoto report (04/02/28 @ SSAMNET , Seoul) : photo by nachi
==>top page : JPN / ENG

The official site of

COCORE is;

http://www.cocore.com/



The official site of

ssamzie is;

http://www.ssamnet.com/


The latest album

『Super Star』

cocore

COCORE


*なお、このCOCOREのアルバムは岩盤で入手可能です。

check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by rad

button2004

buttonキャプテンズはマジだった : THE CAPTAINS (30th Aug. 04 @ Takadanobaba Phase)
buttonリバプールからの挨拶 : THE BANDITS, THE ZUTONS (30th May 04 @ Shibuya Quattro)
button不滅の男、エンケンの声を聞け : Interview 遠藤賢司 (4th Apr. 04)
buttonひとりきりの夜に : Jackson Browne (22nd Apr. 04 @ Tokyo Bunkamura Orchard Hall)
button新しいクラシック・ロック : INCUBUS (4th Mar. 04 @ Nippon Budokan)
button技のデパート : Galactic (5th Feb 04 @ Shibuya Quattro)
button50歳の子供 : 中川五郎 (1st Feb 04 @ Shimokitazawa La Cana)
buttonジョイン・トゥゲザー : Salsa Gum Tape : (17th Jan 04)
buttoninterview with 梶原徹也 (The3PEACE) vol.2 サルサガムテープは圧倒的な肯定のバイブレーション : (16th Jan 04)
buttoninterview with 梶原徹也 (The3PEACE) vol.1 ジョン・レノンとパンクのメッセージは基本的には同じだなって感じてた : (16th Jan 04)
buttonハッピーに笑顔の年越し : The3PEACE (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)

button2003

button『Burning Motors Go Last Heaven : Thee Michelle Gun Elephant (DVD Review)
buttonここから化けるか…!? : 惑星 & understatements (12th Dec @ Shimokitazawa Club Que)
button大っきくてウマい : Robert Randolph and The Family Band (10th Dec @ Shinjuku Liquid Room)
buttonそっちは最高! : BLACK BOTTOM BRASS BAND (20th Nov @ Shimokitazawa Shelter)
buttonロックンロール奇跡の夜 : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yohei "rad" Kobayashi and the copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.