button 10-FEET @ 苫小牧 音楽館 (1st June '04)

エンターテイナーの特権


10-FEET
 なんと札幌在住スタッフのカメラマン・Q太(q_ta)が車を飛ばしてこの日の苫小牧まですっ飛んできた! 前日の夜にFREE KICKカワギシ氏緊急インタビューのゲラ(ラフ原稿)を彼にもメールしておいたのだが、朝一番でそれを読んで「苫小牧にはすげェ面白いヤツがいる」といてもたってもいられず来てしまったらしい。写真不足で困っていたぼくにとっては嬉しすぎるハプニングだ。もっとも、それだけカワギシ氏の行動力が人を惹きつけるものだったということなんだろう。 10-FEET

 というわけでこのツアー三回目の来訪になるここ苫小牧・音楽館に、助っ人写真家Q太を加えて今日のライブには参戦する。一発目のライブはカワギシ氏率いるFREE KICK。前回にもまして地元ファンの熱気がすごい。前方に固まってモッシュの嵐、その人波の上にトランペットを携えたままのカワギシがステージ・ダイブする。あまりの盛り上がりに「これじゃ写真が撮れねーよ」とQ太がぼやいていた。そう、この会場ってフォト・ピットといわれる撮影用スペースがないんですわ。しまいには彼はファインダーをほとんど覗かず、群集の上からカメラを掲げて写真を撮っていた。それでも撮れちゃうところはさすがである。実際自ら「おれって天才かなあ」とか言ってたから、それは聞こえない振りをしたけどね。

 二番目はDUSTBOXというバンド。10-FEETの道内ツアーは彼らがサポートで廻っているようだ。ドラムがいい。スティックをくるくる回す派手なパフォーマンス連発で目立とうとする気が満々なのだが、それでいて要所要所の肝心なツボはかっちり押さえ安定感がある。バンド全体としては荒削りだがそれが逆に素晴らしくいい味を出している。BABYFACE、"CHANGE THE WORLD"のパンク・バージョンなんかもやっていてこの大胆なセンスがニクイところだ。日本語の曲はラウドな演奏をキープしながらメロディはガラッと歌謡曲風になるのだが、それもなんだか甘酸っぱくて良かった。
10-FEET

 そして10-FEET。もう、なんというか……とにかく小ネタが満載のステージである。TAKUMAの持つ独自の「間」がまた良くて、この人マジで芸人なんじゃねえの?って思わず疑ってしまうくらい。ドカンドカンとMCの度に笑いを取っていく。それでいて曲や演奏もいいんだから参ってしまう。キャッチーなメロの合間合間にRAGE AGAINST THE MACHINEやヒップホップ・カルチャーからの明らかな影響が見られるのだが、これがダサさ一歩手前ギリギリな感じでまたいい。変にカッコつけるバンドではない10-FEETだからこそ持てる空気感だろう。そんな演奏に油断してるとまたドラゴンボールネタや宮崎アニメネタを平気で放り込んでくる。めちゃくちゃである。しかし、面白い。真のエンターテイナーだけに許される横暴と特権である。

 明後日、ぼくの旅はこのバンドの道内ファイナルと共に終焉を迎える。とても楽しみのような、若干不安のような……(笑)。

report by joe and photo by q_ta

==>top page : JPN / ENG

button室蘭生まれ、joeが取材する道南パンク行脚

buttonIntro
道南パンク行脚 (04/05/25 - 06/03 @ 札幌〜苫小牧〜室蘭〜函館) : review and photo by joe

Live Report :
buttonvol.3 : Hawaiian6
札幌はやはりアツかった 〜 Hawaiian6(その1) (04/05/25 @ 札幌 PENNY LANE 24 ) : review by joe
buttonvol.4 : Hawaiian6
苫小牧にバンドが来る理由とは !? 〜 Hawaiian6(その2) (04/05/26 @ 苫小牧 音楽館) : review by joe
buttonvol.5 : Hawaiian6
室蘭の堤防、決壊!! 〜 Hawaiian6(その3) (04/05/27 @ 室蘭 怪物ランド) : review, photo by joe
buttonvol.7 : HUSKING BEE
変化と成長という旅を続けるバンド (04/05/29 @ 苫小牧 音楽館) : review, photo by joe
buttonvol.8 : 10-FEET
エンターテイナーの特権 (04/06/01 @ 苫小牧 音楽館) : review by joe, photo q_ta
buttonvol.10 : 10-FEET
涙が円陣に落ちていく(そして、旅の終わり) (04/06/03 @ Sapporo BESSIE HALL ) : review by joe, photo q_ta

Interview :
buttonFREE KICK
胆振地方パンク活性化仕掛け人・FREE KICKカワギシ氏に訊く (04/05/26) : interview and photo by joe

button番外編vol.1 : The Johnny Boys
旭川には何があるのか (04/05/23 @ Sapporo Sound Crew Basement) : review by joe, photos by hanasan
button番外編vol.2 : 髭楽団
札幌のSKAシーンとは (04/05/23 @ Sapporo Sound Crew Basement) : review by joe, photos by hanasan
button番外編vol.6 : サンボマスター
すすきのにヤマグチの歌心、染み入る (04/05/28 @ SAPPRO COLONY ) : review by joe, photos by q_ta
button番外編vol.9 : 怒髪天
男四匹ガキ大将 〜 怒髪天 (04/06/02 @ SAPPRO PENNY LANE ) : review by joe, photos by q_ta

buttonOUTRO (編集後記)
道南パンク行脚 最終回 (04/05/25 - 06/03 @ 札幌〜苫小牧〜室蘭〜函館) : review by joe


buttonmag files :

buttonエンターテイナーの特権 (04/06/01 @ 苫小牧 音楽館 ) : review by joe, photo by q_ta
buttonphoto report (04/02/15 @ ZEPP SAPPRO ) : photo by q_ta

==>top page : JPN / ENG

The official site of

10-FEET is;

http://www.10-feet.com/



The latest album

10-FEET

"HEY!"

check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by joe

button2004

buttonすすきのにヤマグチの歌心、染み入る : サンボマスター (28th May. @ Sapporo Colony)
button札幌のSKAシーンとは : 髭楽団 (23rd May. @ Sapporo Sound Crew Basement)
button旭川には何があるのか : The Johnny Boys (23rd May. @ Sapporo Sound Crew Basement)
button日本発オリジナルSKA! : Doberman (9th May. @ Ebisu Garden Room)
button"magが果たし状を受けた !! : MURATRIX (7th May. @ Ikebukuro MANHOLE)
button"ケン違い"って……!? : Ken Yokoyama (28th Apr. @ Shibuya Quattro)
button4月11日、ハチ公前の祈り : 平和アピール集会 (11th Apr. @ 渋谷ハチ公前)
buttonブレイクするんじゃねえか!? の真相 : The Captains (27th Mar @ Akihabara Goodman)
button時間は止まったままだった : Rickie Lee Jones (26th Mar @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button人間と音楽の持つ可能性(ラジオスターとの再会) : Ani Difranco (8th Mar @ Shibuya 0-East)
button会場を包み込んだもの : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ Zepp Tokyo)
button衝撃、冷めやらず : Three Bullets and a Gun (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button博多からの刺客!! : Mellow Yellow (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button情念は届くだろうか : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)

button2003

button瀟洒なハコにダンディな奴等がハマる : 勝手にしやがれ (30th Dec @ Shibuya Quattro)
buttonウワサは当てになる : Bleach (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button完成度の高いミクスチャー : 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonインストとかを忘れさせる圧倒的ステージ!! : LOSALIOS (18th Dec @ Shibuya AX)
button分厚い刃物で押しつぶされた夜 : METALLICA (6th Nov @ Yoyogi Daiichi-Taiikukaikan)
button世界の終わり、そして始まり : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)
button最小編成というプロデュース : ELVIS COSTELLO and Steve Nieve (1st Oct @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall)
buttonメロコア死すともVANDALS死せず!? : THE VANDALS (16th Aug @ Shibuya Quattro)
button最後列までバッキンバッキン : Asian Dub Foundation (5th Apr @ Kawasaki Club Citta)
button小宇宙のプロデューサー !? : BECK (29th Mar @ Tokyo Bay NK Hall)
buttonライヴに行くべし! : eastern youth (25th Mar @ Yokohama Club 24)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Joe Takamatsu and the same of the photos belongs to q_ta. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.