buttonHawaiian6 @ 室蘭 怪物ランド (27th May '04)

室蘭の堤防、決壊 ! ! 〜 Hawaiian6 (その3)


Hawaiian6  モロに地元である。とりあえず実家に戻りいつものように親に説教されぶっ飛ばされ、逃げるように会場の怪物ランドに向かう(そんなネーミングの場所の方がマシってどんな実家だ)。ここ室蘭市は今では某アイドルの出身地としてすっかり有名になってしまったが、それにしても渋谷AXや札幌ペニーレーンを埋めるバンドがツアーに来るようになるとは思わなかった。とはいっても町全体が音楽で盛り上がってきた、という印象は残念ながらまだない。その辺の事情は苫小牧に負けず劣らずだろう。

 怪物ランドはライブハウスというよりはパブ系の飲み屋を改装した感じのハコだった。フロアが更に広いせいもあるが客入りは苫小牧よりも厳しい印象。着いた頃には最初のバンドが演奏していた。THE SHOES、黒いスーツを着込みなんとまんまルースターズの曲をやっている。地元・室蘭工業大学の音楽サークルバンドらしいが、ベーシストに聞くと「出る予定だったぼくのもうひとつのバンドが出れなくなったんで、こっちで出してもらった」とのことである。ボーカリストにも話を聞くと、ハワイアン6は「ぼくはもちろん知ってた。でも(室蘭では)ハイスタ好きな奴なら知ってる、みたいな感じ。CD買うにも札幌まで行かなきゃ駄目なんじゃないかな」むう、ここでもやはり、ですか……。

 次の出演バンドはモノクローム・オミタという妙な名前のバンドで、この手のパンク系対バンには非常に珍しい音だった。ベースのグルーブがどっしりと根底を支えてはいるが、全体的にはリズムに奇妙な隙間と浮遊感がある。パンクバンドというよりはくるりあたりの世界観の方がむしろ近い。新鮮だった。次は昨日も苫小牧で観たRISEだが、この日は特にめちゃくちゃ良かった。スリーピース編成、ベース&ギターがツイン・ボーカルを務める。客が一気に前方に密集し、圧倒的な音圧と絶叫に煽られて大爆発を起こしていた。……でもこの会場って、前方柵もなければフロアとステージの段差もないんだよな。いったい最前列はどうなってるんだろ。全然見えないけど。

 さて、ハワイアン6である。それにしても元々苦手なバンドではなかったが、この道内ツアーを追いかけてる内にすっかり好きになってしまった。「今日は9.5 : 0.5くらいでチンコだ!」と比率がどんどん上がっていく Diesel の軽快なMCは今日も素晴らしい。冒頭からアクセル全開の展開で観客は暴れ狂ってるが、しかしこれで最前列はどうなってるのかやはり気になる。廻り込んでなんとか見てみると……ぬおっ、スタッフ総出で人力堤防を組んでいる! 必死で背中で客を支える人垣、しかし決して多くない客入りとはいえやはりキッズのパワーは半端ではない。終盤には所々で堤防は決壊し、ステージに何人か転がり込んできていた。それでもみんな笑顔なのが良かった。

 明後日、場所は最南端の函館に移る。北海道のファイナルになるらしいので是非行きたいが、同日に苫小牧でHUSKING BEEが演るのだ。さあ困ったぞ。どっちに行くか……(函館で例の比率がどうなるのかも気になるところだが……)。

report and photo by joe

==>top page : JPN / ENG

button室蘭生まれ、joeが取材する道南パンク行脚

buttonIntro
道南パンク行脚 (04/05/25 - 06/03 @ 札幌〜苫小牧〜室蘭〜函館) : review and photo by joe

Live Report :
buttonvol.3 : Hawaiian6
札幌はやはりアツかった 〜 Hawaiian6(その1) (04/05/25 @ 札幌 PENNY LANE 24 ) : review by joe
buttonvol.4 : Hawaiian6
苫小牧にバンドが来る理由とは !? 〜 Hawaiian6(その2) (04/05/26 @ 苫小牧 音楽館) : review by joe
buttonvol.5 : Hawaiian6
室蘭の堤防、決壊!! 〜 Hawaiian6(その3) (04/05/27 @ 室蘭 怪物ランド) : review, photo by joe
buttonvol.7 : HUSKING BEE
変化と成長という旅を続けるバンド (04/05/29 @ 苫小牧 音楽館) : review, photo by joe
buttonvol.8 : 10-FEET
エンターテイナーの特権 (04/06/01 @ 苫小牧 音楽館) : review by joe, photo q_ta
buttonvol.10 : 10-FEET
涙が円陣に落ちていく(そして、旅の終わり) (04/06/03 @ Sapporo BESSIE HALL ) : review by joe, photo q_ta

Interview :
buttonFREE KICK
胆振地方パンク活性化仕掛け人・FREE KICKカワギシ氏に訊く (04/05/26) : interview and photo by joe

button番外編vol.1 : The Johnny Boys
旭川には何があるのか (04/05/23 @ Sapporo Sound Crew Basement) : review by joe, photos by hanasan
button番外編vol.2 : 髭楽団
札幌のSKAシーンとは (04/05/23 @ Sapporo Sound Crew Basement) : review by joe, photos by hanasan
button番外編vol.6 : サンボマスター
すすきのにヤマグチの歌心、染み入る (04/05/28 @ SAPPRO COLONY ) : review by joe, photos by q_ta
button番外編vol.9 : 怒髪天
男四匹ガキ大将 〜 怒髪天 (04/06/02 @ SAPPRO PENNY LANE ) : review by joe, photos by q_ta

buttonOUTRO (編集後記)
道南パンク行脚 最終回 (04/05/25 - 06/03 @ 札幌〜苫小牧〜室蘭〜函館) : review by joe


buttonmag files :

button室蘭の堤防、決壊!! 〜 Hawaiian6(その3) (04/05/27 @ 室蘭 怪物ランド ) : review, photo by joe
button苫小牧にバンドが来る理由とは !? 〜 Hawaiian6(その2) (04/05/26 @ 苫小牧音楽館 ) : review by joe
button札幌はやはりアツかった 〜 Hawaiian6(その1) (04/05/25 @ 札幌 PENNY LANE 24 ) : review by joe
button一番最高なのは、あんた達だ (03/09/13 @ Sapporo BESSIE HALL) : review by shuma, photo by q_ta

==>top page : JPN / ENG

The official site of

Hawaiian6 is;

http://www3.vc-net.ne.jp/
~etsu/hw6/index.htm



The latest album

Hawaiian6

"ACROSS THE ENDING"
previous works ;

"souls"
"FANTASY"
"Word"

check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by joe

button2004

button札幌のSKAシーンとは : 髭楽団 (23rd May. @ Sapporo Sound Crew Basement)
button旭川には何があるのか : The Johnny Boys (23rd May. @ Sapporo Sound Crew Basement)
button日本発オリジナルSKA! : Doberman (9th May. @ Ebisu Garden Room)
button"magが果たし状を受けた !! : MURATRIX (7th May. @ Ikebukuro MANHOLE)
button"ケン違い"って……!? : Ken Yokoyama (28th Apr. @ Shibuya Quattro)
button4月11日、ハチ公前の祈り : 平和アピール集会 (11th Apr. @ 渋谷ハチ公前)
buttonブレイクするんじゃねえか!? の真相 : The Captains (27th Mar @ Akihabara Goodman)
button時間は止まったままだった : Rickie Lee Jones (26th Mar @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button人間と音楽の持つ可能性(ラジオスターとの再会) : Ani Difranco (8th Mar @ Shibuya 0-East)
button会場を包み込んだもの : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ Zepp Tokyo)
button衝撃、冷めやらず : Three Bullets and a Gun (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button博多からの刺客!! : Mellow Yellow (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button情念は届くだろうか : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)

button2003

button瀟洒なハコにダンディな奴等がハマる : 勝手にしやがれ (30th Dec @ Shibuya Quattro)
buttonウワサは当てになる : Bleach (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button完成度の高いミクスチャー : 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonインストとかを忘れさせる圧倒的ステージ!! : LOSALIOS (18th Dec @ Shibuya AX)
button分厚い刃物で押しつぶされた夜 : METALLICA (6th Nov @ Yoyogi Daiichi-Taiikukaikan)
button世界の終わり、そして始まり : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)
button最小編成というプロデュース : ELVIS COSTELLO and Steve Nieve (1st Oct @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall)
buttonメロコア死すともVANDALS死せず!? : THE VANDALS (16th Aug @ Shibuya Quattro)
button最後列までバッキンバッキン : Asian Dub Foundation (5th Apr @ Kawasaki Club Citta)
button小宇宙のプロデューサー !? : BECK (29th Mar @ Tokyo Bay NK Hall)
buttonライヴに行くべし! : eastern youth (25th Mar @ Yokohama Club 24)

無断転載を禁じます。The copyright of the article and the photos belongs to Joe Takamatsu. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.