buttonThe Johnny Boys
@ 札幌Sound Crew Basement (23rd May '04)

旭川には何があるのか


The Johnny Boys
 企画【道南パンク行脚】はいきなり番外編から始まる。この日はちょうどSmashing Magで以前に取り上げたTHE JOHNNY BOYSと髯楽団がライブを一緒にやるというので、北海道入りを早めて急遽駆けつけたのだ。ライブ撮影は札幌出張で来道していた当サイト編集長・hanasanにお願いすることにした。
The Johnny Boys

 結論から書く。THE JOHNNY BOYSの演奏が始まった当初は後ろで腕組みをしながら見ていた自分が、最後にはモッシュ・ピットを掻き分け最前列に陣取って柵にしがみついていた。そうせずにはいられなかった。気がつくとボーカル・藤井は激しいステージングで切ったのかいつの間にかこめかみから血を流し、しかしそれをぬぐいもせずに最後まで凄まじい形相で歌い続た。まるで音楽というより喧嘩だが、実際にその演奏は下手な格闘技の試合を凌駕する迫力を持ったものなのだ。
 というより、正直いってhanasanはこのライブのために出張の日取りを調整したフシさえある。JOHNNYに至ってはもう何度「最高のバンド」「大好きなバンドだよ」と聞かされたかわからない。かつてはフランク・ザッパの自宅まで赴き来日直接交渉に一役買い(残念ながらそれは実現しなかったけど)、ベン・ハーパーからはVIP扱いを受け国外までふらっと写真を撮りに行くような男が、お世辞にもまだまだ全国区とはいえない極北のローカル・バンドの撮影を子供みたいにウキウキした様子で数週間前から楽しみにしていた。彼にそこまで評価を受けるバンドとはいったいどんなライブをやるのだろうか?

The Johnny Boys
The Johnny Boys
 特に藤井のテンションの高さは凄まじい。マイクスタンドを折れるほどに抱きしめてしならせ、振り絞るように常に声を出し続ける。曲名とバンド名以外のMCは一切なく、フロアが爆発しようが興奮した客がステージにあがろうが(つまりそのくらい盛り上がったんだが)まるでお構いなしだ。事実、藤井の目はほとんど客を見ていない。邪険にしているわけでは無論ないが、客よりもむしろどこか遠くの地平線でも睨みつけているような目をしている。「客、二人とかの時でもあれくらいやるからねえ」と同行してくれたmag札幌スタッフのysmzが終演後に語ったが、普通にそうだろうなと思った。動員の多い少ないは関係ねえ、というタイプのバンドなのだ。それも、モロに。

 こういうバンドが旭川で生まれた、という現象に非常に興味を持った。今でこそパンクパンクと巷では騒いでいるが、ほんの10数年前まで北海道でバンドマンといえばHR/HMバンドを組む、というのが主流だったのだ。なんせニルヴァーナのブレイク以前、そしてガンズ・アンド・ローゼス全盛期の時代なのだから当然である。なのにJOHNNY BOYSはもろにその時期に結成したバンドなのだ。当サイトのインタビューでも「パンクバンドなんて全然いなかった(笑)」と言っている。そんな環境の中で、なにが衝動のきっかけだったのだろう?

 藤井と話をしてみたい、と痛切に思った。リハ直後に話した時の彼は噂ほど寡黙でなく、気さくにステッカーをくれたりした気のいい漢(おとこ)だった。旭川の音楽シーンと、そこで活動することの難しさと楽しさをとことん訊いてみたかったが、残念ながら今回は時間がなかった。しかし彼らとはまたいずれ必ず会うことがあるだろう。それにしても、旅の冒頭から凄まじいバンドに出会ってしまった。
The Johnny Boys

report by joe and photo by hanasan

==>top page : JPN / ENG

button室蘭生まれ、joeが取材する道南パンク行脚

buttonIntro
道南パンク行脚 (04/05/25 - 06/03 @ 札幌〜苫小牧〜室蘭〜函館) : review and photo by joe

Live Report :
buttonvol.3 : Hawaiian6
札幌はやはりアツかった 〜 Hawaiian6(その1) (04/05/25 @ 札幌 PENNY LANE 24 ) : review by joe
buttonvol.4 : Hawaiian6
苫小牧にバンドが来る理由とは !? 〜 Hawaiian6(その2) (04/05/26 @ 苫小牧 音楽館) : review by joe
buttonvol.5 : Hawaiian6
室蘭の堤防、決壊!! 〜 Hawaiian6(その3) (04/05/27 @ 室蘭 怪物ランド) : review, photo by joe
buttonvol.7 : HUSKING BEE
変化と成長という旅を続けるバンド (04/05/29 @ 苫小牧 音楽館) : review, photo by joe
buttonvol.8 : 10-FEET
エンターテイナーの特権 (04/06/01 @ 苫小牧 音楽館) : review by joe, photo q_ta
buttonvol.10 : 10-FEET
涙が円陣に落ちていく(そして、旅の終わり) (04/06/03 @ Sapporo BESSIE HALL ) : review by joe, photo q_ta

Interview :
buttonFREE KICK
胆振地方パンク活性化仕掛け人・FREE KICKカワギシ氏に訊く (04/05/26) : interview and photo by joe

button番外編vol.1 : The Johnny Boys
旭川には何があるのか (04/05/23 @ Sapporo Sound Crew Basement) : review by joe, photos by hanasan
button番外編vol.2 : 髭楽団
札幌のSKAシーンとは (04/05/23 @ Sapporo Sound Crew Basement) : review by joe, photos by hanasan
button番外編vol.6 : サンボマスター
すすきのにヤマグチの歌心、染み入る (04/05/28 @ SAPPRO COLONY ) : review by joe, photos by q_ta
button番外編vol.9 : 怒髪天
男四匹ガキ大将 〜 怒髪天 (04/06/02 @ SAPPRO PENNY LANE ) : review by joe, photos by q_ta

buttonOUTRO (編集後記)
道南パンク行脚 最終回 (04/05/25 - 06/03 @ 札幌〜苫小牧〜室蘭〜函館) : review by joe


buttonmag files :

button旭川には何があるのか (04/05/23 @ Sapporo Sound Crew Basement) : review by joe, photos by hanasan
buttonphoto report (04/05/23 @ Sapporo Sound Crew Basement) : photos by hanasan
buttonジョニーすげぇよ! (04/02/13 @ Shinjuku D.O.M) :review by taisuke, photos by hanasan
buttonphoto report (04/02/13 @ ShinjukuD.O.M) : photos by hanasan
button旭川のREBEL ROCKERは凄いぜ! : The Johnny Boys (03/01/26 @ Asahikawa Casino Drive) : review by ysmz, photos by q_ta
buttonThe Johnny Boys (03/1/26 @ Casino Drive) : review and photo by hanasan

buttoninterview : 北海道は旭川が生んだ本物のパンク (04/01/25) : interview and photos by hanasan


==>top page : JPN / ENG

The official site of
The Johnny Boys is :
こちらです

The Johnny Boys

the latest album
"RAID ON TOMORROW"
RLCA -1022

Live schedule

4th June @ Asahikawa Casino Drive
with The Star Club, Deflexion, Skill Rush
Open 18:30 Start 19:00

5th June @ Sapporo Piggy
with The Star Club, The Flapper, Last Raights
Open 18:30 Start 19:00

2nd July @ Asahikawa Casino Drive
with Gigolo13 etc.

13th July @ Asahikawa Casino Drive
with Laughing Nose, SA, Skill Rush


previous works

Broken Radio』(1st album)
My Life You Life
Straight Up Records Sampler-2』(ccompilation)

Straight Up Records

アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by joe

button2004

button日本発オリジナルSKA! : Doberman (9th May. @ Ebisu Garden Room)
button"magが果たし状を受けた !! : MURATRIX (7th May. @ Ikebukuro MANHOLE)
button"ケン違い"って……!? : Ken Yokoyama (28th Apr. @ Shibuya Quattro)
button4月11日、ハチ公前の祈り : 平和アピール集会 (11th Apr. @ 渋谷ハチ公前)
buttonブレイクするんじゃねえか!? の真相 : The Captains (27th Mar @ Akihabara Goodman)
button時間は止まったままだった : Rickie Lee Jones (26th Mar @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button人間と音楽の持つ可能性(ラジオスターとの再会) : Ani Difranco (8th Mar @ Shibuya 0-East)
button会場を包み込んだもの : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ Zepp Tokyo)
button衝撃、冷めやらず : Three Bullets and a Gun (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button博多からの刺客!! : Mellow Yellow (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button情念は届くだろうか : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)
button2003

button瀟洒なハコにダンディな奴等がハマる : 勝手にしやがれ (30th Dec @ Shibuya Quattro)
buttonウワサは当てになる : Bleach (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button完成度の高いミクスチャー : 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonインストとかを忘れさせる圧倒的ステージ!! : LOSALIOS (18th Dec @ Shibuya AX)
button分厚い刃物で押しつぶされた夜 : METALLICA (6th Nov @ Yoyogi Daiichi-Taiikukaikan)
button世界の終わり、そして始まり : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)
button最小編成というプロデュース : ELVIS COSTELLO and Steve Nieve (1st Oct @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall)
buttonメロコア死すともVANDALS死せず!? : THE VANDALS (16th Aug @ Shibuya Quattro)
button最後列までバッキンバッキン : Asian Dub Foundation (5th Apr @ Kawasaki Club Citta)
button小宇宙のプロデューサー !? : BECK (29th Mar @ Tokyo Bay NK Hall)
buttonライヴに行くべし! : eastern youth (25th Mar @ Yokohama Club 24)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Joe Takamatsu and the same of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.