button SATURN @ OSAKA DOME SKY HALL (15th May '04)

AlayaVijana

- finale of Asian blood -

Alaya Vijana
 友達が「UAがすげえんだよ!!!」と言ってきて、AlayaVijana(アラヤヴィジャナ)という名前をはじめて知った。今回はUAは参加していなかったけど、SATURNのフィナーレという役割を(これだけ個性的で実力派が集まった面子なのに)堂々と締めくくっていた。 Alaya Vijana

 AlayaVijanaはどんな音楽かと説明する際、ロック、クラシック、民俗音楽などのジャンルわけの前に、まずどこの国の音楽かとエリアわけしてしまう。アジアからの音楽、まずそのどこの土地からのものかを強く印象付ける。シタール、タブラ、木琴、ギター・・・それらは一定のBPMを刻まずに、ヒトアナログとでもいえばいいのか、不規則だがどこか心地いいテンポで音が重ねられる。目を瞑って演奏しているプレイヤーもいる。耳で音を確認して合わせるって雰囲気じゃない。全身集中し、音の先にあるイメージに合わせて叩いている。そのリズムはコンピューターが作り出した精密かつ正確なリズムとは程遠い、ヒトアナログであったかい拍子で刻まれていく。これはアジアのオーケストラなんだなとも思えてくる。指揮者はプレイヤーそれぞれのこころのなかにいて、メンバー全員でそれを探し当てているかのようだ。
Alaya Vijana

 ステージは闇が基調だ。その闇をベースに、プレイヤー真上に照明を照らし、うっすらとした存在感が「闇」に顔を出してくる。シタールが静かにまわりの雰囲気を覆う。頭上から照らされる白球色の照明がまた深い雰囲気をかもし出していく。それぞれの楽器から音が出て重なる様は、目を瞑ったとしても無音からうっすらと楽器たちが姿を表していき、あたりを照らしていく。その目で感じることができないイメージは、とりわけ不思議なぬくもり、安堵感のような優しさを感じさせる(目をつぶって聞いているとすっと包まれたかのような感覚になるってことだ)。ノイズとも取れるかもしれないその優しさは、BPMなど細かいものに縛られず、自由にゆるやかに輝いていく。それら「優しさ」が重なっていくと、とてつもなく壮大さが増してくる。そう、この壮大さは、大阪ドームスカイラウンジを宇宙に浮かぶ土星のわっかに例えた「世界」のフィナーレなんだ、そう思えてくる。激しいはずのその音の重なり具合なのが、とても安らかに、とても壮大に。
Alaya Vijana
report by taku and photo by ikesan.

==>top page : JPN / ENG

buttonSATURN - Photo Report -


buttonSATURN - Live Report -


buttonSATURN - DJ Report -


==>top page : JPN / ENG

buttonMag files : Alaya Vijana

button- finale of Asian blood - (04/05/15 @ OSAKA DOME SKY HALL ) : review by taku, photo by ikesan
buttonphoto report : photo by ikesan (04/02/24 @Shinsaibashi Quattro)
button熱帯雨林、そして野生のUAがクアトロに : review by ryoji, photo by keco (04/02/20 @Shibuya Quattro)

==>top page : JPN / ENG

The official site

Alaya Vijana

unknown... if you know, let us know.



the latest album

Alaya Vijana

"Alaya Vijana"
previous works






check the albums?


search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by taku

button2004

buttonアメリカン・ルーツが持つ力 : Andy Van Dyke (22nd June @ Thumbs Up)
button35年間変わらず輝く「よろこびのうた」 : 遠藤賢司 (3rd June @ Shibuya Quattro)
buttonfinale of Asian blood : AlayaVijana (15th May @ Osaka Dome Sky hall)
buttonDreaming is REAL ? or GHOST ? : GHOST (24th Jan. @ Isahaya J☆ROCK)

button2002

buttonまた見に行くぞ : Katteni Shiyagare (8th Dec @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonno title : The Suicide Machines (18th Nov @ Shibuya Quattro)
button僕はあなたを忘れない : Red Hot Chilli Peppers (10th Nov @ Saitama Arena)
buttonno title : Sheryl Crow (3rd Oct @ Nihon Budokan)
buttonno title : セバスチャン・サルガド写真展「国境を越えて EXODUS」 (31st Aug to 20th Oct @ Shibuya Tokyu Kaikan Bunkamura The Museum)
buttonno title : Alanis Morissette (3rd Oct @ Nihon Budokan)
button宝物をみつけた : 第24回横浜寿町フリーコンサート feat. Hashiken,KANAO YOSHIRO BAND、ソウルフラワーモノノケサミット、マーガレットズローズ他(12th Aug @ Kotobuki-cho, Yokohama)
buttonno title : wyolica (7th Jun @ Shinjuku Liquid Room)
buttonno title : incubus (2nd Mar @ ZEPP Tokyo)


button2001

buttonno title : Risa One (26th Nov @ Kamakura Geijutsukan)
buttonno title : Radiohead (4th Oct @ Yokohama Arena)
buttonno title : Music Planetarium (甦) (4th Jul @ Shinjuku Liquid Room)


button2000

buttonno title : Rage Against The Machne (25th Jun @ Makuhari Messe)

button1999

buttonno title : Mishka (1st Aug @ Fuji Rock Festival)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Taku Katayama and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page.