buttonStreet Beat Festival
feat. The Movement, Fermin Muguruza
and Banda Bassotti
@ Leonkavallo in Milan (17th Apr '04)

ミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと-
part.3


Banda Bassotti
Street Beat FestivalBanda BassottiBanda BassottiBanda Bassotti  そして怒濤のBANDA BASSOTTIである。このツアーでの彼らのオープニングSEは、ジョー・ストラマーの最後のアルバムとなってしまった『Streetcore』に収められた"Redemption Song"。LEONCAVOLEEOの広いステージのバックには、なぜかラスタカラーに『BOB MARLEY BIRTHDAY』と縫い取られた旗が下げられているのだが、奇しくもこの曲は、政争のなか凶弾に倒れたボブ・マーリーの最後のアルバムに収められているものだ。ローマの下町にあるGridalo Forteの狭いオフィスの壁に、マルコムXをモチーフにしたBANDA BASSOTTIとフェルミンの以前のバンドNEGU GORRIAKのポスターの隣に飾られていたのがザ・クラッシュのポスター。彼らがいかにジョーを敬愛していたかがよくうかがえる。そういえばBANDA BASSOTTIが02年のフジロック・フェスティヴァルに出演したとき、「ジョーに会えたんだ」と喜んでいたし(そしてその年の暮れに、ジョーは急逝した)、フェルミンがバンドを志したのは、10代の頃、地元イルンで見たザ・クラッシュのギグがきっかけだったという。

 人種も育った環境も四者四様だけれど、時代と国境を超えて同じ魂が、脈々と受け継がれているのかもしれない。その場に居合わせる日本人というのも(しかも一度ならず二度までも)、また奇妙なものだ。僕もフジロックがあったからジョーに会えた一人だ。ボブ・マーリーには、当然会ったことも実際にライヴを見たこともないけれど、パプーチとまず盛り上がったのは「ボブ・マーリーが好きだ」ということだったし、このLEONCAVOLEEOで出会ったラザロというマグレブ系の男性とも、意気投合したのはやっぱりボブ・マーリーだった。東洋的な感覚でいうと、それらすべてが『縁』なのだろう(イスラムでは『マクトゥーブ』だろうか)。素敵な言葉だ。そして音楽の力もまた素敵だ。

 そんなBANDA BASSOTTIはこの日、フィレンツェに勝るとも劣らない圧倒的な演奏を繰り広げた。ギグの前にサンドカンに「ボローニャが一番雰囲気が良かったね」と言うと、「いやいや、フィレンツェがもうホットで最高だったよ」と答えていたのだが、このミラノでも異常なくらいの会場の熱気に触発され、まるで化学反応を起こすかのように、大勢の観客以上に熱く、桁違いのスケールのパフォーマンスをやってのける。怪物だ、この人たちは。オフステージでは、本当に気さくで、思いやりがあって、ごくごく普通の人たちなのだけれど。一度ステージに上がったときのこのギャップは四日間体験してもまだ慣れない。それはやはり、彼らが音楽活動と並行してごく普通の仕事を続けていて、ごく普通の生活を送っているからなのだろう。
Banda Bassotti  以前、日本でインタヴューをしたときにピッキオやシガロが繰り返していたのは、「自分たちは本当にごく普通の人間なんだ。決してだれかより特別というわけじゃない。そのことを僕たちはよく理解しているし、それがステージにも表れると思う。だから出来るかぎり地に足をつけたままでいたいんだ」ということだった。その言葉に、本当に嘘はないのだ。ただ、間違いなく世界最高のライヴバンドの一つに違いない。
 この日も、古い労働歌にも似た、群衆を鼓舞するような力強いメロディを持つ代表曲"Luna Rossa(赤い月)"でスタートして、疾走するパンクにスカやサルサの陽気でポジティヴなリズムが絡んだ"L'Altra Facccia Dell'Impero(皇帝のもう一つの顔)"や"Que Linda Es Cuba/Cuba Si,Yanqui No(美しきキューバ/YesキューバNoヤンキー)"といった、前々作『L'Altra Faccia Dell'Impero』と前作『Asi Es Mi Vida』からの曲を中心にしたセットが前半。 Banda Bassotti
 一度メンバーが袖に引っ込むと、イタリアのトラディションをカヴァーした"Bella Chao"が流れて、それで観客が大声で歌いながら盛り上がるのはどの会場でも同じだ。そして再びステージに上がると、三月に発売されたばかりの最新作『Amore E Odio』(残念ながら日本未発売。前二作品はビクター・エンタテイメントから国内盤が出ている)の、満水のダムが決壊したかのような怒濤のパンクナンバーを中心にしたセットで、このツアーはそんな二部構成になっている。この日は直前にギグを終えたフェルミンがBANDA BASSOTTIのステージに上がり、80年代からともに闘ってきた盟友同士、共演する一幕も。
Banda Bassotti
Banda Bassotti  そしてラストは、彼らのもう一つのアンセムといっていい"Potere Al Popolo(People have the power、か)"。歌詞にはないのに、イントロに合わせて「ウォーオーオ、オーオ、ウォーオーオ、オーオ」という歓声が沸き上がる曲で、まるでセリエAのスタジアムにいるような感じになる。僕が聞き取れるのは、Liberta(自由)という単語だが、言葉がわからなくても大声で歌う。拳を突きかざし、青筋を立てて、声を張り上げて叫ぶように歌っているピッキオの姿は、そのまま隣の観客の姿で、そんな観客が1,200人以上ともに歌っている。
 観客やオーディエンスという言葉がどこか受動的で、ふさわしくないと思えてしまうくらいだ。意味が、圧倒的な空気のなかで、理解できるのだ。ライヴが手放しで素晴らしいのはもちろん。なにより楽しい。それは日本で何度か体験して十二分に知っている。でもやはり、この感覚は貴重な経験なのだろう。音楽が言葉の壁を突き破って、形容しがたい、より深い部分での理解をもたらしてくれるのだから。それはボブ・マーリーやジョー・ストラマーと同じ魂の、熱い肌触りなのかもしれない。


--> Back to part1

stage photo by hanasan and report and other photos by ken

review :
14th Apr. @ Auditorium Flog in Firenze : フィレンツェ -日本にはない空気- part. 1 / 2
15th Apr. @ Estragon in Bologna : ボローニャ -赤い街から煙る街へ- part. 1 / 2 / 3
16th Apr. @ Ku.Bo in Bolzano : ボルツァーノ -bad dog outside!- part. 1 / 2 / 3
17th Apr. @ Leonkavallo in Milan : ミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと- part.1 / 2 / 3

photo reports :
14th Apr. @ Auditorium Flog in Firenze :
The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti (1 / 2)
15th Apr. @ Estragon in Bologna :
The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda (1 / 2) / Banda Bassotti (1 / 2)
16th Apr. @ Ku.Bo in Bolzano :
The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda (1 / 2) / Banda Bassotti (1 / 2)
17th Apr. @ Leonkavallo in Milan :
The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda (1 / 2) / Banda Bassotti (1 / 2)
24th Apr. @ Villaggio Globale in Rome :
Sandokan & Manicomio Latino / Burning Heads (1 / 2) / Dorberman (1 / 2) / Banda Bassotti (1 / 2 / / 3)
25th Apr. @ Museo Cervi in REGGIO EMILIA :
Sandokan & Manicomio Latino / Dorberman (1 / 2) / Banda Bassotti (1 / 2 / 3 / Burning Heads

buttonMag files

buttonミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと- (04/04/17 @ Leonkavallo in Milan) : review by ken, photo by hanasan
buttonphoto report : : (04/04/17 @ Leonkavallo in Milan) : photo by hanasan
buttonボルツァーノ -bad dog outside!- (04/04/16 @ Ku.Bo in Bolzano) : review by ken, photo by hanasan
buttonphoto report : : (04/04/16 @ Ku.Bo in Bolzano) : photo by hanasan
buttonボローニャ -赤い街から煙る街へ- (04/04/15 @ Estragon in Bologna) : review by ken, photo by hanasan
buttonphoto report : : (04/04/15 @ Estragon in Bologna) : photo by hanasan
buttonフィレンツェ -日本にはない空気- (04/04/14 @ Auditorium Flog in Firenze) : review by ken, photo by hanasan
buttonphoto report (04/04/14 @ Auditorium Flog in Firenze) : photo by hanasan
buttonCD Review : 『Amore E Odio』 (04/04/10) review by ken
buttonphoto report (03/05/12 @ Kawasaki Club Citta) : photo by hanasan
buttonno title (03/05/12 @ Kawasaki Club Citta) : review by shawn, photo by hanasan
buttonPUNKの本質か、変幻自在のSKAか、またはCALCHO ROCK? (03/05/11 @ Osaka Big Cat) : review by ken, photo by hanasan
buttonno title (03/05/11 @ Osaka Big Cat) : review by kami, photo by hanasan
buttonno title (03/05/11 @ Osaka Big Cat) : review by 坂田亮子, photo by hanasan
buttonno title (03/05/11 @ Osaka Big Cat) : review by sora, photo by hanasan
buttonphoto report (03/05/11 @ Osaka Big Cat) : photo by hanasan
buttonphoto report (03/05/10 @ Nagoya Bottom Line) : photo by hanasan
buttonphoto report (03/05/05 @ Ueno Church) : photo by hanasan
buttonThe Street Beat Festival feat. Brahman and Banda Bassotti (03/04/19 @ Paci' Paciana, in Bergamo) : photo by hanasan
buttonThe Street Beat Festival featuring Brahman and Banda Bassotti (03/04/18 @ Zapata, in Genova) : photo by hanasan
buttonThe Street Beat Festival featuring Brahman and Banda Bassotti (03/04/17 @ Giornata dell'Arte e della Creativita Studentesca in PISA) : photo by hanasan
buttonThe Street Beat Festival feat. The Unity Squad, Rude Bones, Mongol 800 and Banda Bassotti (03/04/12 @ Villaggio Globale Rome)
buttonThe Street Beat Festival feat. Betagarri, Brahman, Banda Bassotti and Obrint Pas (03/04/11 @ Villaggio Globale Rome)
buttonThe Street Beat Festival feat. Capdown, Doberman and Banda Bassotti (03/03/28 @ Centro Social Padova) : photo by hanasan
buttonThe Street Beat Festival feat. Banda Bassotti, Capdown and Doberman (03/03/27 @ Centro Social Bologna) : photo by hanasan
buttonThe Street Beat Festival feat. Capdown, Doberman and Banda Bassotti (03/03/26 @ Auditorium Flogin Firenze) : photo by hanasan
buttonRadical Network Tour feat. The Salsa Gum Tape, Fidele, Banda Bassotti, Brahman (02/08/01 @ Takadanobaba Phase) : photo by hanasan
buttonThe Street Beat Festival in Italy feat. Banda Bassotti, King Prawn and Brahman (02/04/06 @ Villaggio Globale Rome) : photo by hanasan
buttonThe Street Beat Festival in Italy feat. Banda Bassotti, Brahman, Senza Sicura, King Prawn (02/04/05 @ Centro Social Padova) : photo by hanasan
buttonThe Street Beat Festival in Italy feat. Banda Bassotti, Brahman and King Prawn (02/04/03 @ Auditorium Flogin Firenze) : photo by hanasan
buttonイタリアを揺るがす親父達のレベル・ロック、、バンダ・バソッティをチェックせよ! (01/12/19 -22. in Spain) : review and photo by hanasan
buttonphoto report (01/12/19 -22. in Spain) : photo by hanasan

buttonInterview : イタリアの闘うロッカー、Banda Bassottiに訊く
(02/02/28. in Tokyo) : interview by ken, photo by hanasan

==>top page : JPN / ENG

The official site of

Banda Bassotti

http://www.bandabassotti.org/

Gridalo Forte Records


The latest album

Banda Bassotti

"Amore E Odio"

previous albums :

Banda Bassotti

"Asi Es Mi Vida"
このアルバムのレヴューはこちら



Banda Bassotti

"L'Altra Faccia Dell'Impero"
このアルバムのレヴューはこちら
The official site of

Fermin Muguruza

http://www.muguruzafm.com/

Esan Ozenki Records


The latest album

Fermin Muguruza

"In - komunikazioa"



The official site of

The Movement

http://www.themovement.dk/


The latest album

The Movement

"MOVE!"


アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by ken

button2004

button祭りだ、祭り : Shibusa Shirazu (10th Apr @ Shinsaibashi Quattro )
buttonDisc review : Banda Bassotti (10th Apr)
buttonポストモダン・ニンジャたちに時代は追いついたか : NINJA TUNE (4th Apr @ Osaka Mother Hall)
buttonDisc review : OMAR SOSA & ADAM RUDOLPH (3rd Apr)
button泥酔エンターテイナー : Gaz Mayall (13th Mar @ Osaka Big Cake)
button僕たちはみんな同じ血の色をしている : Soul Flower Union (9th Mar @ Osaka Banana Hall)
button沖縄小旅行 :〜国際どおりの喧騒と喜納昌吉&チャンプルーズ、基地の町嘉手納 (15th Mar)
buttonこれほど罪深いものは、ない : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (1st Mar @ Namba Hatch)
buttonこの瞬間に存在するドキュメント : Meganoidi (7th Feb @ Osaka Big Cat)
buttonDisc Review : karamelo santo / 『Los Guachos』
(4th Feb)
buttonDisc Review : MANA / 『Revolucion De Amor』
(4th Feb)
buttonDisc Review : WAGNER PA BRAZUCA MATRACA / 『el imparable transeunte』
(12th Jan)
buttonDisc Review : WAGNER PA BRAZUCA MATRACA / 『el imparable transeunte』
(12th Jan)

button2003

buttonDisc Review : Rage Against The Machine / 『Live at the Grand Olympic Auditorium』
(16th Dec)
buttonno title : BETAGARRI with BUSH OF GHOSTS and a million bamboo (25th Nov @ Osaka Big Cat)
buttonDisc Review : CHEB BALOWSKI / 『Potiner』
(18th Nov)
buttonDisc Review : Double Famous / 『Live in Japan』
(7th Oct)
buttonPUNKの本質か、変幻自在のSKAか、またはCALCHO ROCK? : Banda Bassotti (11th May @ Osaka BIG CAT)
buttonKeep rising : Asian Dub Foundation with DRY&HEAVY, Adrian Sherwood (3rd Apr @ Osaka Mother Hall)
buttonDisc Review : BANDA BASSOTTI / 『ASI ES VIDA』 (3rd Mar)
button有事法のまやかし〜 国民を守らない有事法 〜 (11th May)
buttonク〜ラゲ、クラゲ、よく見てクラゲ♪ ク〜ラゲ、クラゲ、愛してクラゲ♪ : The Salsa Gum Tape (2nd Mar @ ビッグ・アイ国際障害者交流センター)


button2002

buttoninterview : イタリアの闘うロッカー訊く : Banda Bassottiに(28th Oct)
buttonリンクする音楽とマインド : Kevens (Jul)
button死神が祝福している (Jun)
button有事法制が最初に殺すもの (18th May)
buttonやがて訪れる日を思い (13th May)
button『フリー・ジャズ』発〜 『禅』経由〜 『初期衝動』往き : Diskaholiks anonymous (27th Mar @ Juso Fandango)
button細胞と宇宙がこのリズムを知っている : OZOMATLI (17th Mar @ Shinsaibashi Quattro)
button『定番』という普遍性 : OCEAN COLOUR SCEN (25th Jan @ On Air Osaka)
button"音"を越えて伝わるもの : The 3PEACE (5th Jan @ Osaka BIG CAT)


button2002

buttonFuji Rock Festival '01 in Naeba : (26th to 30th Jul in Naeba)

無断転載を禁じます。The copyright of the stage photos belongs to (The Voice Of Silence) and the copyright of the article and off stage photos belongs to Kentaro "ken" Kodama. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.