buttonJagatara Matsuri クニナマシヱ Vol.2
@ Shimokitazawa Shelter (27th Jan '04)

雑種天国 - part 1 -


 じゃがたらを知ったのは5年ぐらい前だ。といっても名前を知っただけで、曲は聞いた事がなかった。ただ単純に「じゃがいも」の別名というインパクトが強く、「INU」などと同じように、そこらへんに転がっている名詞でもバンド名になるんだな、という程度だった。江戸アケミという人も女だと思っていた。ある日、詩集を手にとって見てみたら写真があって、男であった、ということよりも、ほんのり痩せた竹内力みたいで驚いた。
Jagatara
 聞いたのは最近で、それも「暗黒大陸じゃがたら」名義の『南蛮渡来』ぐらいだ。このジャケットを見た時に感じたのはどこかおかしい、という漠然としたものだったが(チンパンジーを担いだヴォーカル、江戸アケミから何から、すべて原色で彩られている)、恐いもの見たさというか、聞きたさというか、自分でも意味不明なテンションで聞いたら、最初に一声 「あんた気に食わない」と言われた。当時は「なんでぇ?」と思いはしたが、フェラ・クティに通ずるうねったグルーヴにのせて「暗いね、暗いね、日本人て暗いね」と軽快なリズムで言い放つ江戸アケミという人物の存在感が、鼻をひん曲げるほどに匂い立っていて、イキまくっていて、圧倒された。
Sayoko_Oto_Nara  じゃがたらのメンバーでもあり、今回のイベント『じゃがたら祭り クニナマシェ』の発起人OTOと、東京ロッカーズでも名を馳せたサヨコ(ex.ゼルダ)、ジャンベ奏者の奈良大介をあわせて、バンド名はずばりそのまま、サヨコオトナラ。今回は、サポートのコーラスに「とっちゃん」を従えた四人編成でアコースティックなライブを繰り広げた。OTOのアコギ、奈良のジャンベのリズムが、感情が心まで染み入ってくるようなサヨコのヴォーカルを支えていた。「クニナマシェクニナマシェクニナマシェ…」というサヨコの口から自然と発せられた言葉には、まるでそう唱えればアケミをはじめ、逝ってしまったじゃがたらのメンバーに会えるかもしれないという気持ちがあったに違いない。
Sayoko_Oto_Nara Sayoko_Oto_Nara Sayoko_Oto_Nara
report by taiki and photo by nachi

Jagatara Matsurivol.3 (04/1/30 @ Kawasaki Club Citta)
intro / Sandii and Hula Angels / Dachambo / baions / CICALA-MVTA / Jagatara Zoku / Deep Count / Shibusa Shirazu / THE LUNATIC THUNDER / kninamashe - viberation -

Jagatara Matsurivol.2 (04/1/27 @ Shimokitazawa Shelter)
feat. Sayoko_Oto_Nara / Kiyoshi Matsutakeya / Emerson Kitamura 〜 hi-posi / Kabocha Shokai / Strada & review : 雑種天国

Jagatara Matsurivol.1 (04/1/19 @ Shinjuku Loft)
feat. Kai / WRENCH / MOST / SUPER Gooooooooo! & review

The official site of

Jagatara Matsuri

http://www.loft-prj.co.jp/jagatara/

SAYOKO

previous works... ;

SAYOKO
"Under Tone"


"peep"
"Mi Luv Dem"
"Mi Luv Yu"
じゃがたら works

じゃがたら


DVD
"ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA! 1"
"ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA! 2"
"ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA! 3"
書籍
"じゃがたら写真集 1980 - 1989"
"じゃがたら"
CD
"南蛮渡来"
"ごくつぶし"
"裸の王様"
"西暦2000年分の反省"
"ニセ予言者ども"
"それから"
"それそれ"
"ロビンソンの庭"
"おあそび"

アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by taiki

button2004

buttonVIDEO Review : Video Caroline : Radio Caroline (29th Jan)
buttonDVD Review : 696 TRAVELING HIGH : 川村かおり、696、MOTOAKI他 (20th Jan)
buttonDVD Review : BURNING MORTORS GO LAST HEAVEN : Thee Michell Gun Elephant (14th Jan)


button2003

button TOO FAST TO LIVE, TOO YOUNG TO DIE : LONDON NITE : (20th Dec @ Kawasaki Club CItta)
button Losalios (18th Dec @ Shibuya AX)
button TOKYO RODEO NIGHT 12/12 : SORROW (12th Dec @ Shinjuku Liquid Room)
buttonfeatures
SORROW : 黒いバスツアー同行記 Vol.2 (二日目) : 仙台 (27th Nov)
SORROW : 黒いバスツアー同行記 Vol.1 (初日) : 代々木公園→ 郡山 → 仙台 (26th Nov)
buttonラッパラッパラリパッパ : WACK WACK RHYTHM BAND / DreamletS (29th Nov @ Shimokitazawa Club Que)
buttonわり続ける四つのカラベラ : SORROW (27th Nov @ Sendai Junk Box)
button唇の端っこが震えた : SORROW (26th Nov @ Koriyama #9)
buttoninterview
with 川村かおり (SORROW)
vol.2 : みんなが壊れる『696』(21st Nov)
Vol.1 すべては自然の流れ(21st Nov)
buttonDVD review
『RODEO GIGs Nights』
buttonCD review
『confusion』 by SORROW
buttonCD review
『コメディ』 by 勝手にしやがれ
button喰らった奴が寝返る : 勝手にしやがれ (15th Nov @ Kawasaki Club Citta)
buttonJet Cityの案内人 : JUDE (10th Nov @ Kawasaki Club Citta)
button銭湯・水・ジャズ : Sleep Walker (11th Nov @ The ROOM)
button〜加藤と鈴木、どっちに投票する?〜加藤候補への応援演説 : CATO SALSA EXPERIENCE (7th Nov. @ Shinjuku Liquid Room)
button〜加藤と鈴木、どっちに投票する?〜鈴木候補への応援演説 : THE MOONEY SUZUKI (7th Nov. @ Shinjuku Liquid Room)
button古臭いロックンロールの鳴らしかた : Wilko Johnson (27th Oct. @ Shibuya Quattro)
buttonひっくりかえした、おもちゃバコ : Trippin' Night (25th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
buttonなめつくしたドロップ : The Michelle Gun Elephant (10th Oct. @ Makuhari Messe)
button命を賭した伊達男たち : 勝手にしやがれ (10th Sep. @ Shibuya Quattro)
button印象派 : TELEVISION (25th Sep. @ Shibuya AX)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Taiki Nishino and the same of the photos belongs to Nachi Yamazaki. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page.