ザ・スラッカーズ

The Slackers

"ペキュリアー"
(国内盤 / US import / UK import)

The official site

The Slackers

http://www.theslackers.com/

check 'em? -->The Slackers


previous work

The Slackers

"Slack in Japan"
(国内盤 )

"Close My Eyes" (US Import / 国内盤 / UK import)
"An Afternoon in Dub" (国内盤 / UK import)
"International War Criminal - EP" (国内盤 / US import/ The Slackers - International War Criminal - EP)
"Kinetic - EP" (Golden Girls - Kinetic - EP)
"The Slackers and Friends" (UK import / The Slackers and Friends - The Slackers and Friends)
"Wasted Days" (国内盤 / US import / UK import)
"Live at Ernesto's " (US import / UK import)
"The Questions" (国内盤 /US import / UK import )
"Redlight" (国内盤 /UK imoprt)
"International War Criminal" (US import)



check the albums?


buttonmag files : The Slackers

buttonCD review : Peculier : (07/01/04) : review by taiki
buttonphoto report : (05/03/19 @ Villaggio Globale in Rome) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/03/18 @ Babylonia in Ponderano) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/03/17 @ Teatro Polivalente Occupato in Bolgna) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/03/16 @ Auditorium Flog in Firenze) : photos by hanasan


 ヴィックの、いったいどれだけの酒が喉を通過したのだろうか、と思わせるしわがれた声。まずこれが、トム・ウェイツやボブ・ディランの匂いを感じさせる。その声が、スカの小気味良いリズムに乗って漂えば、こちらも片手にジョッキあるいはグラスを持って、ダンスに興じてしまうというものだ。俗に言うスカコアやネオスカの素養もありつつ、さらにルーツに歩み寄る形で、真正面から大陸と島国の橋渡しをしている。ニューヨークに集まった移民だのなんだの、すべて巻き込んで膨らんでいったスラッカーズというバンドには、ヴィックを突き動かすジャズやブルーズやフォークというベースに、他のメンバーが持ち寄ったスカをはじめとしたジャマイカの音楽をとろりと流し込む。

"Propaganda(プロパガンダ)"のノリはダンスナンバーのスカでありつつ、コーラスはレゲエ時代のものだったりと、ジャマイカを時代で切り取ることなく、おいしいならばそのすべてをひとつにしてみよう、なんて冒険心も光っているのだ。かような意味で、裏打ちを武器とする幾多のバンドと一線を画している。ダブ・プレートまでもを自ら作ってしまう幅の広さは、もぅホントに驚くばかり。ジャマイカの時代を猛スピードで追っかけてるよ! ってなもんで脱帽だ。

 さらに、先に挙げた曲名(プロパガンダ=政治的宣伝)でもわかる通り、政治色も強い。底辺から叫ばれる歌詞はセレブだなんだと気取っている日本にこそ必要なのかもしれないとも。毎年春にイタリアが誇る労働者階級のバンド、バンダ・バソッティがてんやわんやの大騒ぎを繰り広げるストリート・ビート・フェスティバルにも参加経験ありで、やっぱりスラッカーズもクラッシュやマノ・ネグラの影響下にあるバンドなんだろうと思う。決して明るい歌詞ではないけれど、皮肉まじりに叫ぶ社会批判をまるごと軽快なリズムに乗せて、僕らの懐にスッと入りこんでから、さりげなく社会への認識を正してくれる。

 最後に持ってきたのは、ボブ・ディランの"I Shall Be Released(アイ・シャル・ビー・リリースド)"。ザ・バンド、トム・ロビンソン・バンド、果ては岡林信康もカバーした名曲である。スラッカーズのゆったりとしたレゲエのバージョンをかけながら、英和辞典を片手に単語を追って、その意味を考えるのもいいのではないだろうか。


reviewed by taiki


Recent Pick Ups

フィール・ガーヴィ

Fiel Garvie

"コート・ラフィング"

reviewed by michael

ワールド/インフェルノ・フレンドシップ・ソサエティ

The World/Inferno Friendship Society

"レッド・アイド・ソウル"

reviewed by taiki

サケロック

サケロック

"ソング・オブ・インストゥルメンタル"

reviewed by sakamoto

ズボンズ

ズボンズ

"B☆B☆B"

reviewed by sakamoto

taiki's reviews

mail to :


buttonレッド・アイド・ソウル』 / ワールド/インフェルノ・フレンドシップ・ソサエティ
button完全逆様な世界』 / ザ・ズート16
buttonテイルズ・フロム・ザ・シッティング・ルーム』 / ストロンバ
buttonアイランド・サウンズ』 / ゴー・ジミー・ゴー
buttonミューティニィ』 / ズート16



無断転載を禁じます。The copyright of the review belongs to and it may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.