Lightnin' Hopkins

Lightnin' Hopkins

『Rare Performances 1960 - 1979』
(US import)


buttonalso recommended

Lightnin' Hopkins

『Mojo Hand』
(US import/ 国内盤)


*なお、国内盤はコンプリートということで、曲数が倍になっていました。
Muddy Waters, John Lee Hooker, T-Bone Walker etc

American Folk Blues Festival 1962 - 1966 vol.1

『American Folk Blues Festival
1962 - 1966 vol.1』
(US import / 国内盤)

American Folk Blues Festival 1962 - 1966 vol.2

『American Folk Blues Festival
1962 - 1966 vol.2』
(US import / 国内盤)


アルバムのチェックする?
check the albums?
search:
Amazon.co.jpアソシエイト

buttonmag files :

buttonAmerican Folk and Blues Festival 1962 - 1969 Vol.3』 / Big Mama Thornton, Buddy Guy, Koko Taylor etc...
buttonAmerican Folk and Blues Festival 1962 - 1966 Vol.1 and 2』 / Muddy Walters, John Lee Hooker, T-Bone Walker etc...
buttonHowlin' Wolf Story』 / Howlin' Wolf


 

 おそらく、カメラ1台で撮影したんだろう、始まりは、おなじみのサングラスをかけたライトニン・ホプキンスの顔のどアップで、いきなり画面は、道の真ん中にぽつんとおかれた椅子に座ってギターを弾きながら歌う彼の姿に変わる。歌っているのは『Lonesome Road』。「ひとりで寂しい道を行くのは、嫌なもんだ。ずっと旅をして、行く場所を求めてる...」という歌なんだけど、彼の後ろに歩いている人が出てきたりと、まともな場所ではないのは想像できる。しかも、演奏だけは流れながら、突然、黒人が卓を囲んでドミノをやっている光景が映し出されたりと、これはドキュメンタリーかなにかを撮影したときのおまけだったんだろうかと思わせるような映像が皮切りだ。

 カバーの裏に書かれている解説以外、パッケージのなかにはなにも収録されていなくて、なにがなんだかわからないんだが、このDVDのタイトルがそのままだとすれば、60年に撮影された最も古い映像なんだろう。なにせ、ライトニン・ホプキンスが再発見されたのは59年。(多くのブルース・ミュージシャンは20年代後半に録音を残した後、30年前後の大恐慌で相手にされなくなり、極貧状態を続けていたという。そして、フォーク・ブーム、その余波によるブルース再評価を通じて、彼らのような伝説が『再発見』されていったといういきさつがある)

 と、ここでその短い解説を読んでみると、ドイツ人の映画制作者がテキサスはヒューストンにあるライトニン・ホプキンスの家や近所のバーで撮影したものが最初の2曲だと記している。これが映像として残っている最古のものらしいのだが、その2曲目のライトニン・ホプキンスが渋い。ギターの弾き方がかっこよくて、アコースティック・ギターにロックを感じるし、実に、かっこいい!(まさ、そんなわけはないと思うけど、布袋氏のギターの格好はここにルーツがあるのかもしら... と思うほどにかっこいいということなんですけど)ただ、12年の3月生だから、この時点で48歳のはずなんだけど、実際の年来よりは遙かに老けてじぃさんのようなブルースマンに見えるってのはなぜなんだろうか。やっぱ、貧しかったからなのかなぁ。

 と書き出したところで、パッケージの片隅をチェックすると、http://www.guitarvideos.com/dvd/pdf.htmに飛べばバイグラフィーやレアな写真もチェックできるというので、映画の理解できる方はその資料を読んでもらえれば今回ここに紹介するDVDの内容のみならず、ライトニン・ホプキンスの歴史も、けっこうわかると思うのだが、最古の映像と思われる前述の2曲に、67年のライヴが5曲と、ここまでがモノクロのギター1本による演奏。でもって、それから3年後、LAのテレビ番組で演奏したときの模様でが8曲収録されている、こちらはカラーで、ライトニン・ホプキンスが曲間にいろいろな話をしてくれるのが面白い。語りがそのままブルースって感じで、彼らの人生をかいま見ることができる。3歳の時に父親が死んだこと、『家には帰れよ』なんてオーディエンスに語りかけているシーンは、実にほほえましい。そして、レイ・チャールズの曲、『What'd I Say』をカバーしているのもびっくり。全く違うヴァージョンで、完全にライトニン・ホプキンスそのものなんだけど、レイ同様、彼も、存在自体がジャンルなんだと大いに納得させられる。

 そして、最後の映像はオースティンでテレビ・ショーのもので、ライトニンがエレキ・ギター片手に、ドラムスとベースをバックにやっているライヴ。79年のもので、かなり派手な衣装にショーマンだなぁって感じの、好々爺って出で立ちなんだが、2曲目ではワウワウなんかを使って、ソロをやっているのが面白い。まぁ、彼がソロをやっているときに、白人の女が大あくびをしている光景が目にはいるのがたまらんが、最後に近づくと立ち上がってファンキーな演奏を始めて観客の反応もよくなったり... ライトニンがファンキーってのも、似つかわしくないかもしれないけど、彼がこの世を去る3年前のこの映像も輝いている。

 ちなみに、ボーナス・トラックとして収録されているのが、やはり、60年の録画でニューヨークのテレビ局に残されていた演奏。これを本編の最初の2曲と比べるとライトニンが、年齢よりは老けて見えながらも、かなりはつらつとしているのが面白い。彼が演奏する周りを数人が囲っているんだが、時折アップされるのが結構な美人。(なんか、ジョーン・バエズに見えるんだけど、勘違いかなぁ)ひょっとして、この女性にいいところを見せようとしたのかしらと想像したりするんだけど、いずれにせよ、このボーナス・トラックはにくい。生ギター1本でもファンキーなブルースを聴かせることができるライトニンの姿をまざまざと見せつけてくれるのだ。



reviewed by hanasan
最近のPick Up

奥田民生

奥田民生

LION

reviewed by oyumi

石原裕次郎

石原裕次郎

NOSTALGIA

reviewed by hanasan

Big Mama Thornton, Buddy Guy, Koko Taylor etc...

American Folk Blues Festival

American Folk Blues Festival 1962 - 1969 vol.3

reviewed by hanasan

The Futureheads

The Futureheads

The Futureheads

reviewed by yoshi_k

hanasan's reviews

buttonNOSTALGIA』 / 石原裕次郎
buttonAmerican Folk Blues Festival 1962 - 1969 vol.3』 / Big Mama Thornton, Buddy Guy, Koko Taylor etc...
buttonゴールデン・カップス・スーパー・ライヴ・セッションズ』 / ゴールデン・カップス
buttonMan From Wareika』 / Rico Rodriguez
button(Inside) Out』 / Warren Zevon
buttonNine Hundred Nights』 / Big Brother and the Holding Co. with Janis Joplin
buttonOne From The Heart』 / Tom Waits and Crystal Gayle
button日本政府よ、嘘をつくな!
自衛隊派兵、イラク日本人拉致事件の情報操作を暴く
』 / グローバル・ウォッチ
buttonHigher Ground』 / The Blind Boys Of Alabama
button私を断罪せよ』 / 岡林信康
buttonLegend』 / Sam Cooke
buttonThe Complete Monterey Pop Festival』 / Jim Hendrix, Otis Redding, Janis Joplin etc.
buttonLive at the Hollywood Bowl』 / Ben Harper & The Innocent Crimiinals
buttonWill The Circle Be Unbroken - Father Along -』 / Nitty Gritty Dirt Band
buttonAmerican Folk and Blues Festival 1962 - 1966 Vol.1 and 2』 / Muddy Walters, John Lee Hooker, T-Bone Walker etc...
button高田渡 / 五つの赤い風船』 / 高田渡 / 五つの赤い風船
buttonStanding in the Shadows of Motown
buttonHowlin' Wolf Story』 / Howlin' Wolf
buttonその男、ヨシオ』 / 三代目春駒小林一彦

無断転載を禁じます。The copyright of the review belongs to and it may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.