Sam Cooke

Sam Cooke

『Legend』
US import / 国内盤

*実際に購入しての結果ですが、US importは国内向けDVDプレイヤーでも問題なく再生できました。しかも、日本語の字幕も選べます。

 

The official site :

Sam Cooke

http://www.samcooke.com/

check the albums?
search:
Amazon.co.jpアソシエイト

buttonAlso recommended...

Sam Cooke

Sam Cooke

『Live at the Harlem Square Club, 1963』
US import / 国内盤

 

 どこかでサム・クックはポップなソウル・シンガーだといった印象ばかりが先行していた。今でいうなら、イケメンで、一般的に知られているヒット曲も「You Send Me」(Fairgraound Attractionのカバーがいいなぁ)や「Wonderful World」(これはテレンス・トレント・ダービーのヴァージョンかな)といったラヴ・ソングが中心。まぁ、このあたりといったらすでにスタンダードで、カバーしているアーティストを上げていったらきりがないと思うけど、ともかく、そんなポップな天才ソウル・シンガー&アーティストといったニュアンスの方が強くて、それほど彼のことを掘り下げたりといったことはしたことがなかったのだ。

 でも、ソウル界の巨人という評価もあって、興味本位で手にしたのがこのDVD。そして、わずか1時間10分のドキュメンタリーでサム・クックに対する見方が180度変わってしまうことになる。

 ボーナスとしてアレサ・フランクリンやボビー・ウォーマック、ルー・ロールズといったアーティストたちとの約2時間に及ぶインタヴューが加えられているこのDVDは、タイトル通り、伝説となったサム・クックの子供時代の話から、ゴスペル・グループ、the Soul Stirrersのヴォーカルとして脚光を浴び、独立してヒット曲を連発していった、ある種のサクセス・ストーリーを貴重な映像をふんだんに織り込みながら描いているドキュメンタリー。が、これを見ていると、ミュージシャンだとかアーティストだといった言葉を遙かに越えた偉大な人物として人種差別に向かい合って闘い続けたサム・クックの生き様を知ることができるのだ。

 日本人にとって実感としてあの時代のアメリカをとらえることは、かなり難しいと思うのだが、ちょっと考えてみれば黒人が人間として認められたのはわずか40年前だったということに気づく。なにせその前まで黒人には選挙権もなく、まるで奴隷制度がそのまま残っていたような状況におかれていたのが彼ら。その時代にヒット曲を連発していった彼がどれほどの矛盾や壁にぶち当たっていたか...

 そのプロセスでシンガーであり、ソングライターであり、同時に、自分の音楽を守るために会社を設立し、プロデューサーとして彼に続く黒人の音楽を育てていったこと、さらにはそれが発展していって、モハメッド・アリやマルコムXとの交流が生まれたことなどがここに全て詰め込まれている。

 実は、アレサ・フランクリンとサム・クックが「いい感じになりそうだった」というアレサの告白が収められていたりと、そんな裏話も面白いけど、同時に、ディランの「風に吹かれて」がきっかけとなって、名曲「A Change Is Gonna Come」が生まれたといった逸話も面白い。(ちなみに、ザ・バンドのカバーが超傑作)

 また、この曲が直接的ではなくとも、高らかに黒人解放を訴えていたことは周知の事実だが、この曲が生まれてまもなく、彼が「不幸な射殺」という形でこの世を去り、そのしばらく後にマルコムXが暗殺されていったことにいろいろな思いを巡らせてしまうのは筆者だけだろうか。

 このDVDを見てサム・クックという人間の偉大さを思い知らされたのと同時に、アメリカの歴史のなかで音楽がどれほどの力を持っていたのかを思い知らされたように思える。ソウル・ファンやサム・クックのファンだけではなく、音楽になにかの意味を見いだしている全ての人に見てほしい作品だ。


reviewd by hanasan


最近のPick Up

SORROW

SORROW

Night of confusion

reviewed by taiki.

LOVE PSYCHEDELICO
KOKIA、BLOSSOM DEARIE他


ホテル ビーナス

映画「ホテル ビーナス」
オリジナル・サウンドトラック


reviewed by NOW.

BEN KWELLER

BEN KWELLER

ON MY WAY

reviewed by sugako.

『ナップスター狂騒曲』

ナップスター狂騒曲

ナップスター狂騒曲

reviewed by ryoji.

hanasan's reviews

buttonThe Complete Monterey Pop Festival』 / Jim Hendrix, Otis Redding, Janis Joplin etc.
buttonLive at the Hollywood Bowl』 / Ben Harper & The Innocent Crimiinals
buttonWill The Circle Be Unbroken - Father Along -』 / Nitty Gritty Dirt Band
buttonAmerican Folk and Blues Festival 1962 - 1966 Vol.1 and 2』 / Muddy Walters, John Lee Hooker, T-Bone Walker etc...
button高田渡 / 五つの赤い風船』 / 高田渡 / 五つの赤い風船
buttonStanding in the Shadows of Motown
buttonHowlin' Wolf Story』 / Howlin' Wolf
buttonその男、ヨシオ』 / 三代目春駒小林一彦

無断転載を禁じます。The copyright of the review belongs to (The Voice Of Silence) and it may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.