buttonハイドパーク・ミュージック・フェスティヴァル
@ 稲荷山公園 (9th & 10th Sept. '06)

「体験する」コンサートはいかが?

細野晴臣
 広い公園の、正面入り口を入り、なだらかな斜面のそこに設置されたステージは、ささやかすぎるほどこぶりなものだ。

 もう少し大きなステージでもいいのにな、と最初は思うのだが、ライヴが始まるとこれが意外と手ごろで全体像が把握できて、楽しいものになる。そして思い出す。ハイドパーク・ミュージック・フェスティバルは大手のイベンターや資本、広告会社が入っているのではなく、この狭山の地元の人々が運営するフェスティバルなのだ、ということを。いつもは自転車屋さんや電気屋さん、歯医者さんといった人たちが、ここまで大規模なコンサートを運営していること自体、奇跡的なことなのだったりする。そして、日々まっとうにすごす自分たちの家業の積み重ねが生み出す先にこのコンサートがある。その手作りであるところがこの全景に残されているのだった。

あがた森魚 伝説的な大雨、そして晴れて最後の細野晴臣のステージで幕を閉じた2005年に続いて、今年の開催は意外にも狭山色が薄いような気がする顔ぶれだ。

 今年のトリをつとめるのは、ポーク・クルセダーズ。昨年の狭山のプログラムなどにハイドパーク・ミュージック・フェスティバルをもじってハイドポークなるピンクの豚が描かれているのだが、それを見つけて「じゃあ、ポーク・クルセダーズで」と加藤和彦さんがいったという。つまりは、実のところフォーク・クルセダーズの登場だ。数年前に新結成した新生フォーク・クルセダーズ、まさかの再度出現だ。

 初日のトリをつとめるのは、伊藤銀次with Friends。伊藤銀次、シュガー・ベイブの村松邦男、杉真理というとりあわせは、おのずと狭山からのびている国道16号線の先にある福生のことを思い出させる。そして、そのバッキングをつとめるのが、ハックルバックの林敏明、はちみつぱいの和田博己、ラストショウの徳武弘文と、実に70年代当時、狭山のハウスに住んでいたミュージシャンなのだ。という、実に表向きにはわからないけれど、実際に会場にきてみれば「え?」という楽しみのあるのが、ハイドパークではないか。

 同じ9日の楽しみといえば、オレンジ・カウンティ・ブラザーズの復活だろう。70年代早すぎた日本のテックス・メックス・サウンド。野外の昼間にご機嫌なサウンド。そして、昨年は西岡恭蔵トリビュートで登場して、その後話題になったハンバート・ハンバートは今年、どうどうのバンドでの出演になる。

 ハンズ・オブ・クリエイションは昨年の細野セットで活躍した高田漣の新しいバンドだし、あがた森魚のセットには、矢野誠、渡辺勝、武川雅寛というはちみつぱい当時の懐かしい顔がそろう。

 高田渡トリビュートのバンドは高田渡のバックをつとめていたメンバーで、フロントには若いボーカリストでの「渡ソングを歌い継ぐ」という思いでのステージとなる。実はbonobosのサイ・チュンホと辻凡人が参加してくれる。そしてやはり渡トリビュートには去年出演したラリーパパ&カーネギーママのチョウ・ヒョンレがやってくる。実は、辻凡人はラリーパパ&カーネギーママのドラムでもあったし、そもそも、ラリーパパ&カーネギーママの始まりにはサイ・チュンホもともにやっていた、という経緯がある。

 渡トリビュートには若い世代にぜひ聞いてほしいシバがやってくる。独特の日本のブルース。こういう音楽が日本にもあったのだ、ということを伝えたい。

エンケン 10日にはエンケン・バンドで湯川トーベンが演奏するけれども、早い時間には湯川潮音の歌声も楽しむことができる。

 昨年、おしくも出演できなかった東京ローカルホンクは70年代なグルーブを伝える若手バンドなので、狭山の2日目のオープニングとして、なかなかのバンドだし、初登場の中村まりは風評としてこれから楽しみな歌い手だという。

 飲みながら、ねっころがりながら、オヤジロックな楽しみなのは狭山バンドに違いない。狭山在住、住んでいた、というメンバーの当時やっていた楽曲というのがどうやらメインらしい。

 そして、この狭山という場所でどう聞かせてくれるのか楽しみなのは関西ブルース勢。これはステージが始まるまで何がおこるかわからない。長いつきあい、互いの呼吸を知っているからこその、音楽での会話が繰り広げられるのだ。

 と、ざっと紹介をしたのだけれど、結局のところ、実に、ハイドパーク・ミュージック・フェスティバルは、ただ顔ぶれを見てるだけでは予測のつかない、ここならではの顔合わせ、突然のゲスト、というものがある。だからこそ、

「まず、この場所を楽しんでください」

 おいしい食べ物もある。おいしい音楽がある。自由に心地よい空間で。こんなイベントがあってもいいじゃないか。

 そして、何がおこるのか。

 目撃者となって身をもって体験してください。ハイドパーク・ミュージック・フェスティバルは「体験する」コンサートなのです。
Hyde Park Music Festival

report by 川村恭子 and photos by hanasan, nachi & saya38
==>top page : JPN / ENG

The official site

Hyde Park Music Festival

http://www.hmf-sayama.jp/


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous contributions

button2006

buttonジェニー・ルイス初来日! : ジェニー・ルイス (1st Aug. '06 @ 渋谷クラブクアトロ) : review by kemji
buttonFM 802 ミート・ザ・ワールド・ビートより : ザ・クロマニヨンズ (23rd Jul. '06 @ 万国博記念公園もみじ川芝生広場) : review by 坂本唯
buttonロックンロール骨伝導 : 日本脳炎、怒髪天 & ギター・ウルフ (5th Jun '06 @ 新宿ロフト) : review by JET-GIRLand photos by saya38
button13年目の余裕 : ベン・ハーパー & ジ・イノセント・クリミナルズ (3rd Jun '06 @ ゼップ東京) : review by 竹井晶子 and photos by hanasan
button情熱のR&Rエンジンは紅く吠えた : ディーゼル・アン (28th May '06 @ 新宿レッドクロス) : review and photos by 棚橋憲治
buttonno title : ナイロン (6th May '06 @ 東高円寺UFOクラブ) : review and photos by 棚橋憲治
button365歩の先で「無」が燃え上がる : イースタン・ユース (22nd Feb '06 @ 渋谷クラブクアトロ) : review by JET−GIRL, photos by keco
button365歩の先で「無」が燃え上がる : イースタン・ユース (22nd Feb '06 @ 渋谷クラブクアトロ) : review by JET−GIRL, photos by keco
buttonphoto report : ビヨンズ (17th Feb '06 @ 代官山ユニット) : photos by wacchy
buttonフロアを燃やせ! : フランツ・フェルディナンド (10th Feb '06 @ 日本武道館) : review by sumire

button2005

button変化する、行き着く先はやっぱりWeezer : ウィーザー (15th Dec '05 @ ゼップ大阪) : review by 石橋栄
button男気が似合う彼ら : ザ・コーラル (15th Nov '05 @ 難波ハッチ) : review by 石橋栄 and photos by ikesan
button思わず、手をたたいてしまった : ハード・ファイ (15th Nov '05 @ 心斎橋クラブ・クアトロ) : review by 石橋栄 and photos by izumikuma
buttonno title : Doo Bee Fes vol.1 (8th Oct '05 @ Sunsui Unagidani) : review by 矢野慶子 and photos by ken
buttonどの瞬間もマキシモ・パーク : マキシモ・パーク (8th Oct '05 @ Osaka Mother Hall) : review by 石橋栄 and photos by izumikuma
buttonインビシ初体験物語 : インビシブルマンズデスベッド (23rd Jul '05 @ Sapporo Susukino-81) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonロッキンポども、かかってきなさい : マキシマム・ザ・ホルモン (28th May '05 @ Sapporo Bessie Hall) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonreview (no title) : "第2回 日米ロックンロール馬鹿対決9本勝負 Dixied The Emons (23rd May '05 @ Sapporo Bessie Hall) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonreview (no title) : "恋とエレキと花束と"ツアーVol.3ファイナル〜涙の3マンショウ! feat.Milkteath, The Surf Coasters, NON-DRAGS (24th Apr '05 @ Sapporo SUSUKINO-810) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonFuji Rockの前に : The Longcut (20th Apr '05 @ The Cockpit in Leeds, 26th Apr. @ Free Butt in Brighton) : review and photos by sean.a-k
buttonphoto report : pealout (8th Apr '05 @ Shibuya O-west) : review and photos by wacchy
buttonreview (no title) : SPARTA LOCALS (27th Mar '05 @ Sapporo Bessie Hall) : review by 千葉理花, photos by q_ta
button"衝撃連打な洗礼" : The Mars Volta (8th Feb '05 @ Ebisu Liquidroom) : review by taku, photos by keco
button"Revolution, we're the solution!" : Ash (17th Jan '04 @ Shibuya AX) : review by U-co, photos by mari



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to 川村恭子 and the same of the photos belongs to Koichi "hanasan" Hanafusa, Nachi Yamazaki & Saya38 Takahashi. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.