buttonナイロン @ 東高円寺UFOクラブ (6th May '06)

Nylon  関西を中心に活動しているため、東京でのライヴは月1回程度しか行なっていないナイロンが、UFOクラブに現れた。クリス・ファーロウのモッズ賛歌からタイトルを拝借した「バズ・ウィズ・ザ・ファズ」というレギュラー・イベントに出演するためである。

 彼らの正装であり、軍服でもある黒のモッズ・スーツでメンバーがステージに上がり、号砲一発轟かせた瞬間からナイロン流の大量殺戮が開始される。矢継ぎ早に繰り出されるビートに打たれたら最後、半狂乱となって演奏する彼らの一挙手一投足から目を離すことは出来なくなってしまう。

 ギターのシマノを中心に、ヴォーカル、メグとベース、シホの3名はステージ上を右へ左へと駆け抜け、絶叫し、ジャンプする。一瞬たりとも止まらず続くパフォーマンスは、一歩間違えば曲芸まがいのイロモノのようでもある。しかし彼らは体力の限界を見せているのでもなければ、スポーツを楽しんでいるのでもない。小細工を廃したロケンロールを奏でようと、その抑えの利かない衝動を表現する術としてこれ以外の方法を知らないのだ。

Nylon  初期のドクター・フィールグッドやラモーンズが、70年代半ばの腑抜けたロック・シーンに喝を入れることができたのは、そのエネルギッシュなスタイルが斬新だったことはもちろんだが、スタイルを通して伝わる内容が、当時多くの人が忘れかけていたロックンロールの本質以外の何物でもなかったからだ。彼らから強い影響を受けているナイロンも、目指すことは同じだろう。世界中でリバイバル・バンドが跋扈し、60年代や70年代のバンドを表面的に真似すればパンクだ、ガレージだと誤った認識が蔓延している現代は、70年代より音楽性も価値観も多様化している分、ナイロンの放つ輝きがより貴重なものに映る。

 現ドラマーのマサオが加入して1年半ほど。この間数多くのライヴを重ねたことで、現在のナイロンは、バンド史上最高レベルの演奏力と貫禄を身に着けている。待望久しいオリジナルのサード・アルバムに収録されるであろう新曲は既に相当数出来上がっており、新旧ナンバーをバランス良く配置した最近のセットリストからは、バンドの充実ぶりが伝わる。ナイロンを見たことが無い人には大言壮語にしか聞こえないかもしれないが、今地球上で最も正しいロックンロール・バンドのひとつがナイロンであることは疑いようがない。
review and photos by 棚橋憲治

==>top page : JPN / ENG

button mag files : Nylon

buttonno title : (06/05/06 @ Higashi Koenji UFO Club) : review and photos by 棚橋憲治
buttonロックンロールの夢 : (06/05/06 @ Higashi Koenji UFO Club) : review by joe,photos by naoaki
buttonphoto report : (06/05/06 @ Higashi Koenji UFO Club) : photos by naoaki
buttonようし、充電完了。ありがとう! : (06/02/12 @ Shinjuku Marble) : review by joe,photos by saya38
buttonphoto report : (06/02/12 @ Shinjuku Marble) : photos by saya38
button100万言でも敵わねぇよ : (06/01/14 @ Higashi Koenji UFO Club) : review by joe,photos by sam
buttonphoto report : (06/01/14 @ Higashi Koenji UFO Club) : photos by sam
button信州ロックンロール旅情 : (05/11/26 @ Country Kitchen Kurumi) : review by joe, photos by joe and tommy
buttonphoto report : (05/11/06 @ Kyoto Taku Taku) : photos by tommy


The official site

Nylon

http://happytown.orahoo.com/nylon/


The latest album

Nylon

"Cover Song Series VOL.1"

previous works





check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous contributions

button2006

button365歩の先で「無」が燃え上がる : イースタン・ユース (22nd Feb '06 @ 渋谷クラブクアトロ) : review by JET−GIRL, photos by keco
buttonphoto report : ビヨンズ (17th Feb '06 @ 代官山ユニット) : photos by wacchy
buttonフロアを燃やせ! : フランツ・フェルディナンド (10th Feb '06 @ 日本武道館) : review by sumire

button2005

button変化する、行き着く先はやっぱりWeezer : ウィーザー (15th Dec '05 @ ゼップ大阪) : review by 石橋栄
button男気が似合う彼ら : ザ・コーラル (15th Nov '05 @ 難波ハッチ) : review by 石橋栄 and photos by ikesan
button思わず、手をたたいてしまった : ハード・ファイ (15th Nov '05 @ 心斎橋クラブ・クアトロ) : review by 石橋栄 and photos by izumikuma
buttonno title : Doo Bee Fes vol.1 (8th Oct '05 @ Sunsui Unagidani) : review by 矢野慶子 and photos by ken
buttonどの瞬間もマキシモ・パーク : マキシモ・パーク (8th Oct '05 @ Osaka Mother Hall) : review by 石橋栄 and photos by izumikuma
buttonインビシ初体験物語 : インビシブルマンズデスベッド (23rd Jul '05 @ Sapporo Susukino-81) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonロッキンポども、かかってきなさい : マキシマム・ザ・ホルモン (28th May '05 @ Sapporo Bessie Hall) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonreview (no title) : "第2回 日米ロックンロール馬鹿対決9本勝負 Dixied The Emons (23rd May '05 @ Sapporo Bessie Hall) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonreview (no title) : "恋とエレキと花束と"ツアーVol.3ファイナル〜涙の3マンショウ! feat.Milkteath, The Surf Coasters, NON-DRAGS (24th Apr '05 @ Sapporo SUSUKINO-810) : review by 千葉理花 and photos by q_ta
buttonFuji Rockの前に : The Longcut (20th Apr '05 @ The Cockpit in Leeds, 26th Apr. @ Free Butt in Brighton) : review and photos by sean.a-k
buttonphoto report : pealout (8th Apr '05 @ Shibuya O-west) : review and photos by wacchy
buttonreview (no title) : SPARTA LOCALS (27th Mar '05 @ Sapporo Bessie Hall) : review by 千葉理花, photos by q_ta
button"衝撃連打な洗礼" : The Mars Volta (8th Feb '05 @ Ebisu Liquidroom) : review by taku, photos by keco
button"Revolution, we're the solution!" : Ash (17th Jan '04 @ Shibuya AX) : review by U-co, photos by mari


button2004

buttonBorn Again : RUBBER☆CORN☆LOVER (7th Nov '04 @ 池袋手刀) : review by 小山由香, photos by 岡村直昭
buttonBeaver Nelson and Me 〜奴と俺 : Beaver Nelson (22nd Oct '04) : review by 岩見修一
button壊れたジュークボックス : eastern youth (8th Nov '04 @ EBISU LIQUID ROOM) ; review by 深美, photos by keco
button青春ブルースツアー : 斉藤和義 (22nd Jun '04 @ Namba Hatch) : review by Eri Kawamura
buttonSave the 下北沢 : (15th Jun '04) : 志田歩
button今だからこそ必要なうた : 岩見十夢 (16th May @ Shibuya Yaneura) : review by sleepy
button「瞬間」と「永遠」を同時に感じた130分 : pealout (3rd Apr @ Shibuya Quattro) : review by NOW, photos by saya38
button沖縄小旅行 〜国際通りの喧噪と喜納昌吉&チャンプルーズ、基地の町嘉手納へ〜 : (Mar in Okinawa) revire by ken
buttonベン自身がダイアモンドである : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ Zepp Tokyo) : review by 竹井晶子, photo by hanasan
button2.22 イラク派兵反対・路上解放デモ : デモに参加して思ったことを羅列してみました (Mar in Tokyo) : review by taiki
buttonBOΦWY RESPECT LIVE : TOKYO PINSALOCKS (18th Feb @ Shinjuku Loft)
button砂漠のルー・リードがやってくる : Howe Gelb (3rd Feb)
buttonno title : BLEACH (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)



無断転載を禁じます。The copyright of the article and the photos belongs to 棚橋憲治. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.