buttonRUBBER☆CORN☆LOVER
@ 池袋手刀 (7th Nov '04

Born Again

RUBBER☆CORN☆LOVER
 繊細な旋律。安定したリズム。そして、その空間を自らの手で破壊するかのような爆音ギター。今年4月に発売されたアルバム「RAY」(コロムビア/ブローウインドレコード)にもその片鱗が見受けられるように、「通常あり得ない清濁のバランス」を体現する希有なバンド、それがRUBBER☆CORN☆LOVERだ。アルバムツアーから、そのままなだれ込むようなペースでライヴを行い、アルバムよりもさらに成長…というよりは、ほとんど大化けしたこのバンド。今回のライヴは年内最後ということもあり、会場には彼らを目当てに集まったファンの姿がいつも以上に多い。
Beaver Nelson  暗転。幕が上がり、無人のステージ。そこに、SEにあわせてオモチャのマラカスを子供のようにふりふりしながらメンバーが登場した。おいおい。しかし、こんなあどけなささえ、楽器を前にして豹変するのが恐ろしいところ。一曲目からハードな「Quietly Rain」で襲いかかってきた。どっしりと力強いリフから一転して、凶暴なまでの疾走感に体を揺さぶられる。また、彼らの代表曲とも言える「Alive」の透明感溢れるファルセットや、優しい雨を思わせるやわらかなギターも聴きどころである。一曲ごとに世界を変えられて聴き手は戸惑い、やがて魅了されてゆく。実際、あたしもその魅力に取り憑かれて彼らのライヴに足を運んでいる一人なのだ。

 今回のライヴを以て脱退し、別の道を行くVo.asucaも、ファンからの花束を抱いて堂々と歌い上げる。小さな体からは想像もつかない程のエネルギー が、耳より皮膚から浸透してくる感じ。最後はメンバー一人一人に丁寧に頭を下げ、客席に向かって二度、「I love you!」と叫んだ。その言葉の広がる先には、ステージの下も上もない。そこにいるすべての人へ、そして来られなかった人へも届くかのような、細いけれど強い意志を持った声。会場の拍手。演奏中はにこりともしないG.イケエも、…この時は、静かに微笑んだ。
RUBBER☆CORN☆LOVER
 年内潜伏の後、新しい女性Vo.を迎え、RUBBER☆CORN☆LOVERは1月から再始動する。ただでさえ多面的で貪欲なこのバンドの顔がさらに変わるのだ、期待しないはずがない。次は一体何をやらかすのだろう。メンバー4人の口元は静かでいて眼光は鋭い、そんな笑顔が目に浮かぶようだ。

report by 小山由香 and photo by n.okamura

The official site of

RUBBER☆CORN☆LOVER

http://sound.jp/rcl/



The latest album

RUBBER☆CORN☆LOVER

"RAY"
check the albums?
search:
Amazon.co.jpアソシエイト

previous contributions

button2004

buttonBorn Again : RUBBER☆CORN☆LOVER (7th Nov '04 @ 池袋手刀) : review by 小山由香, photos by 岡村直昭
buttonBeaver Nelson and Me 〜奴と俺 : Beaver Nelson (22nd Oct '04) : review by 岩見修一
button壊れたジュークボックス : eastern youth (8th Nov '04 @ EBISU LIQUID ROOM) ; review by 深美, photos by keco
button青春ブルースツアー : 斉藤和義 (22nd Jun '04 @ Namba Hatch) : review by Eri Kawamura
buttonSave the 下北沢 : (15th Jun '04) : 志田歩
button今だからこそ必要なうた : 岩見十夢 (16th May @ Shibuya Yaneura) : review by sleepy
button「瞬間」と「永遠」を同時に感じた130分 : pealout (3rd Apr @ Shibuya Quattro) : review by NOW, photos by saya38
button沖縄小旅行 〜国際通りの喧噪と喜納昌吉&チャンプルーズ、基地の町嘉手納へ〜 : (Mar in Okinawa) revire by ken
buttonベン自身がダイアモンドである : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ Zepp Tokyo) : review by 竹井晶子, photo by hanasan
button2.22 イラク派兵反対・路上解放デモ : デモに参加して思ったことを羅列してみました (Mar in Tokyo) : review by taiki
buttonBOΦWY RESPECT LIVE : TOKYO PINSALOCKS (18th Feb @ Shinjuku Loft)
button砂漠のルー・リードがやってくる : Howe Gelb (3rd Feb)
buttonno title : BLEACH (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)


button2003

buttonGANBAN NIGHT : Delays and British Sea Power (19th Dec @ Nishiazabu Space Lab Yellow) revire by taeko, photos by keco
buttonリメンバー・ユー : British Sea Power (18th Dec @ Shibuya Quattro) : review by chia, photos by keco
buttonno title : eastern youth (30th Oct @ Osaka Big Cat) review by takahiro, photos by keco
buttonイケナイコト (平安神宮奉納スペシャルライブ (NHK総合) : 東京スカパラダイスオーケストラ (26th Oct) review by taisuke, photos by maki
button6人の怒れる男 : The Cooper Temple Clause (15th Oct @ Shinjuku Liquidroom) : review by toddy, photos by mari
buttonGSを知らない子供たち : The Captains (9th Oct @ Shibuya Nest) : review by nob
buttonJBのキラキラ☆エンターテイメントショー : James Brown (3rd Oct @ Nihon Budokan) review by toddy
button中国での初ライヴ : Brahman in MIDI 2003 Modern Music Festival (迷笛現代音楽節2003) (2nd Oct) review and photo by xiao_long
buttonTHE DECIBELS JAPAN TOUR 2003にて : THE NEATBAETS (22nd Sept @ Shibuya Chelsee Hotel) : review by taisuke button初体験... : MONGHANG (21st Sept @ Aoyama Cay) : review by aihama, photos by nachi
buttonルーシーの影 : Thee Michelle Gun Elephant (2nd Sept) : review by taisuke, photos by saya38
buttonno title : Patti Smith (17th Jul @ Akasaka Blitz) : review by 鈴木千尋, photos by keco
buttonno title : Fuji Rock Film Concert (12th Jun @ Shinsaibashi Quattro) : review by 石橋栄
buttonアメファイ、初体験! : AMERICAN Hi-Fi (27th May @ Akasaka Blitz) : review by kitchen, photos by saya38
buttonno title : ナツメン、bossston cruising mania、モーサムトーンベンダー、BONDAGE FRUIT (23rd May @ Akihabara Goodman) : review by nob
buttonno title : Hot Hot Heat / The Bandits (22nd May @ Electric Ballroom) : review by naoko
buttonno title : Sister Paul、戸川純BAND、MOST (20th May @ Shimokitazawa 251) : review by uko, photos by nachi
button有事法のまやかし〜 国民を守らない有事法 〜 : (19th May) : review by ken
buttonつかみはオッケー★待ちに待った単独!! : AMERICAN Hi-Fi (28th May @ Shinsaibashi Quatttro) : review by 石橋栄


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yuka Koyama and the same of the photos belongs to n.okamura. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.