ボイコット

Boikot

"Tus Problemas Crecen"
(US import - with DVD / UK import - with DVD / iTunes)


The official site

Boikot

http://www.boikot.com.es/

check 'em? -->My Space / iTunes



previous works


"De Espaldas Al Mundo"(US import)
"Esperando El Metro " (UK import)
"Stop Censura (MAXI)" (UK import)
"Directo Y" (UK import)
"Los Ojos De La Calle" (UK import)
"No Callar" (UK import)
"Tu Condena" (UK import)
"No Escuchar" (UK import)
"No Mirar" (UK import)
"Esperando En El Metro" (UK import)


check the albums?


buttonmag files : Boikot

buttonColumn : 定例 : これを見逃すな! ボイコット - 基本はパンク、それでもやっぱりメタル好き (08/01/12) : previewed by taiki
button助けられた民衆のバンド : (07/04/27 @ Estragon, Bologna) : review by taiki, photos by hanasan
button赤いレンガの街・ボローニャで : (07/04/27 @ Estragon, Bologna) : review by taiki, photos by hanasan
buttonphoto report : (07/04/27 @ Estragon, Bologna) : photos by hanasan
button六角形の中心に出来た渦 : (07/04/26 @ Auditorium Flog, Firenze) : review by taiki, photos by hanasan
button古都、フィレンツェへ : (07/04/26 @ Auditorium Flog, Firenze) : review by taiki, photos by hanasan
buttonphoto report : (07/04/26 @ Auditorium Flog, Firenze) : photos by hanasan
buttonイタリア解放記念日で幕開け : (07/04/25 @ Muse Cervi, Reggio Emilia) : review by taiki, photos by hanasan
buttonphoto report : (07/04/25 @ Muse Cervi, Reggio Emilia) : photos by hanasan


定例 : これを見逃すな!

これからツアーに入るバンドや来日するアーティスト



ボイコット

- 基本はパンク、それでもやっぱりメタル好き -


 2007年の春ごろ、バンダ・バソッティのストリート・ビート・フェスティバルに参加していたのがこのボイコット。といっても、会うまではどんな連中なのかまったく知らず、バンダ・バソッティのようなパンクにスカの要素を織り交ぜた感じか? などと勝手に想像していたのだが、パルチザンの拠点、レッジョ・エミリアでのライブで、先入観をあっさり破壊されて驚いたのが本当のところだ。

 ポスターには名前が記載されておらず、別の名前があったところを見ると、瀬戸際の時期に急遽呼ばれたのだと察する。それでも、スペインから来た「おっかけ」のファンによれば、10年以上も一線で活躍していて本国ではチケットがまたたく間に売れる、とにかくとてつもないバンド、というようなことを言っていた。

Boikot

 スペインのヴィーニャ・ロックで見る機会もあった。が、時期外れの豪雨がタイムテーブルを組み替えさせ、ラディカル・ミュージック・ネットワークというツテを頼ってヨーロッパ終盤のプランを組んでいた僕らは残念ながら地元で見ることは出来なかった。しかしメインのステージ前にいた人々に、先日までイタリアでボイコットとツアーをしていたという話をしたら、皆一様に興奮していた。

 根本としてザ・クラッシュの視点があって、パンクがある。フライヤーには、赤地に黒の塗料でエルネスト・チェ・ゲバラの肖像が浮かび上がっているから、先日のRATM@幕張、大阪に行った人たちにも響いてくるはずだ。暗転して"インターナショナル"が流れたあの瞬間に血の湧く思いをした人なら、がっつりのめり込んでしまうはずなのである。

Boikot

 アルバムに込められた思想は一貫してはいるものの、それぞれの作品ごとにスカやポルカに寄ったりと懐の深さを伺わせる。それら全てが渾然一体となって迫ってくるのが、ライブ。出番の直前には、ガンズ・アンド・ローゼスの"スゥィート・チャイルド・オー・マイン"のイントロを腕慣らしに奏でるあたり、メタル世代をノックアウトさせる瞬間もある。ちょうど、メタリカのフジ出演がネット上で噂になったり、メタル熱が上がってきていることだし、ここでひとまず勢いを貰う意味でもボイコットを見てみればいいんじゃないでしょうか。26日の渋谷ギグ・アンティックはタダってことで、仕事帰りにネクタイ振り回すのもアリだと思いますよ!



written by taiki and photos by hanasan
taiki's works

mail to

button2008

buttonバスク・レポート : ベリ・チャラック他 (9th to 21st Jan. )
buttonCD Review : ワンダフル・ワールド : リコ・ロドリゲス (8th Jan.)

button2007

button酒と人、両方飲み干すにぎやかし (7th Oct. @ Asagiri Arena)
buttonCD Review : サラダ・ブエイ : ヴェリー・ビー・ケアフル (1st Oct.)
button ジプシー、いよいよ新天地へと向かう : マハラ・ライ・バンダ〜エレクトリック・ジプシーランド〜 @ (25th June. @ グラストンバリー・フェスティバル、ピルトン)
button ドーバー海峡は思いのほか広い : ラ・キンキー・ビート @ (24th June. @ グラストンバリー・フェスティバル、ピルトン)
button 皿よりも生音 : パマ・インターナショナル @ (23rd June. @ グラストンバリー・フェスティバル、ピルトン)
button 遊び人はライヴを見ない : ダーティ・プリティ・シングス、ディスカルパス・デ・オティリア、マッドネス @ (23rd June. @ グラストンバリー・フェスティバル、ピルトン)
buttonフェスを渡り歩くジプシー・パンクス : ゴーゴル・ボーデロ (22nd June. @ グラストンバリー・フェスティバル、ピルトン)
buttonバスク人の武器、それは言葉だ、フェルミン・ムグルザだ!旗印は反逆! ヴィーニャ・ロック・フェスティバル : フェルミン・ムグルザ・アフロ・バスク・ファイア・ブリゲイド (29th Apr. @ ヴィーニャ・ロック・フェスティバル、ベニカシム)
button民衆の憩う場所、ヴィラジオ・グローバーレ民衆と共に : ストリート・ビート・フェスティヴァル 2007 feat. バンダ・バソッティ、DDR、和気優 & ソウル・フード・インターナショナルズ・ロックステディ・レヴューとドクター・リン・ディン (28th Apr. @ ヴィラジオ・グローバーレ、ローマ)
button赤いレンガの街・ボローニャで助けられた民衆のバンド : ストリート・ビート・フェスティヴァル 2007 feat. バンダ・バソッティ、ボイコット、DDR、和気優 & ソウル・フード・インターナショナルズ・ロックステディ・レヴューとドクター・リン・ディン (27th Apr. @ エストラゴン, ボローニャ)
button古都、フィレンツェへ六角形の中心に出来た渦 : ストリート・ビート・フェスティヴァル 2007 feat. バンダ・バソッティ、ボイコット、DDR、和気優 & ソウル・フード・インターナショナルズ・ロックステディ・レヴューとドクター・リン・ディン (26th Apr. @ オーディトリアム・フロッグ, フィレンツェ)
buttonイタリア解放記念日で幕開け : ストリート・ビート・フェスティヴァル 2007 feat. バンダ・バソッティ、ボイコット、DDR、和気優 & ソウル・フード・インターナショナルズ・ロックステディ・レヴューとドクター・リン・ディン & シスコ (25th Apr. @ ムセオ・セルヴィ, レッジョ・エミリア)
buttonサービスしすぎが心地いい : フロッギング・モリー & フラットフット56 (16th Apr. @ 渋谷AX)
buttonColumn : これを聞かずに、死ねるか! : マヌ・チャオ : "レディオ・ベンバ・サウンド・システム" (21st Mar.)
button生身でつきあうスラッカーズ : ザ・スラッカーズ with オイ・スカル・メイツ & スパイク (21st Mar. @ 新宿ロフト)
buttonバンドを離れた自由人の対決 : ヴィック・ルジェーロ & 渡辺俊美 (20th Mar. @ 下北沢440)
buttoncolumn : 定例 : これを見逃すな! : ザ・スラッカーズ (12th Mar.)
buttonCD Review : ビッグ・チューンズ : ザ・スラッカーズ (10th Mar.)
button映画 Review : ブラザーズ・オヴ・ザ・ヘッド : キース・フルトン&ルイス・ペペ監督 (6th Jan.)
buttonCD Review : グローリン・ザ・B : ブラッデスト・サクソフォーン (5th Jan.)
buttonCD Review : ペキュリアー : ザ・スラッカーズ (4th Jan.)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.