国本武春

国本武春

"Sushi & Gravy"
(国内盤)


The official site

国本武春

http://takeharudo.music.coocan.jp/

Takeharu Kunimoto with The Last Frontier

http://homepage2.nifty.com/ts-sonic/

MySpace



The latest album

国本武春

"アパラチアン三味線"
(国内盤)

"武春"(国内盤)
"巌流島うた絵巻"(国内盤)
"大忠臣蔵"(国内盤)
"ミラクル忠臣蔵"(国内盤)
"国本"(国内盤... and more


check the albums?


buttonmag files :Takeharu Kunimoto

buttonColumn : 定例 : これを見逃すな! どかーん! 武春劇場 - 国本武春 with ザ・ラスト・フロンティア (07/06/13) : previewed by hanasan
buttonphoto report : (06/03/23 @ McCabe's Guitar Shop, Santa Monica) : photos by hanasan
buttonphoto report : (06/03/22 @ Yoshi's Bar, Oakland) : photos by hanasan
buttonphoto report : (06/03/20 @ Schubas Tavern, Chicago) : photos by hanasan
buttonphoto report : (06/03/18 @ Joe's Pub, N.Y.C.) : photos by hanasan
buttonphoto report (06/03/17 @ Creekside at Capitol Place, Austin, Texas) : photos by hanasan
buttonbulletin report (06/03/17 @ Creekside at Capitol Place, Austin, Texas) : review and photos by taiki
buttonphoto report (06/03/16 @ Japan Bash Party, Austin, Texas) : photos by hanasan
buttonCD review : Appalachian Shamisen (05/08/10) : review by hanasan


定例 : これを見逃すな!


これからツアーに入るバンドや来日するアーティスト

どかーん! 武春劇場
国本武春 with ザ・ラスト・フロンティア
〜日本浪曲史と気さくな黒船〜


 天才、異端児、鬼才、大将、いよぉっ!と、そんな感じで呼んでみたい国本武春に出会ったのは昨年のこと。マグでも特集を組んだ昨年のサウスバイ・サウス・ウェストを核に企画された「ジャパニーズ・シャミセン・エクストラヴァガンザ」というツアーに絡んだ時だった。

 実は、それまで彼のことは全く知らなかったのだが、資料を渡されての第一声は「ん? なんじゃ、これは?」。なにせ、ブルーグラスに三味線なのだ。っても、ブルーグラスがなにかわからない人もいるかもしれないから、簡単に説明すると、超速カントリーと思っていただければいいかも。代表的なのはビル・モンローという神様で、MySpaceでサウンドをチェックしていただければだいたい想像できると思う。一方、国本武春の三味線は浪曲がベース。ん? 浪曲もあまり知られていない? 簡単に説明すれば、三味線をバックにちらほら配して行われるひとり芝居のようなもの。といっても、メインは「唸って語り、歌う」役者兼歌手のような浪曲師で、一般的によく知られているのは先代の広沢虎造。「清水次郎長伝」の「食いねぇ、食いねぇ、すし食いねぇ、江戸っ子だってねぇ、神田の生まれよ」ってフレーズなら耳にしたことのある人がいるかもしれない。これをネットで楽しめるものはすぐには見つかれなかったんだが、100円ショップで売られている彼のCDでも聞いてみてください。実は、真剣に聞いてしまうと完全にはまってしまうほど浪曲ってぇのは面白れぇんだぁ。(笑)

 と、前置きが長くなったが、そんな「水」と「油」にさえも思える世界に生きる両者が一体になったという、そのコンビネーションにまずはびっくりするのだ。そして、彼のことを調べ初めて、当然のように最初にチェックしたのが公式サイトだ。そのサイトの、一般的に言えばディスコグラフィ、それでも彼はCDでござると呼んでいる場所があるんだが、そこにあるムーヴィーを見てぶっ飛ばされることになる。めちゃくちゃかっこいい。しかも、「げてもの」ではなく、まっとうな... といえば、失礼だが、ジェリー・ガルシアやデヴィッド・グリスマンもびっくり(参考にするにはDVD、グレイトフル・ドーグが一番ですな)の正統派ばりばりのブルーグラスなのだ。このとき、隣で、友人(実は、フジ・ロック・フェスティヴァルのパレス・オブ・ワンダーのボス)がこれを見ながら、口にした第一声は「Buy It!」。ということで、速攻で注文したのが、現在、amazonでも購入可能となったザ・ラスト・フロンティアとの1枚目、"アパラチアン三味線" (国内盤)。これにははまりました。

 で、彼らの演奏を生で体験したのが昨年のサウスバイ・サウス・ウェスト。そのときのレポートはここに残しているんだが、下手物どころか、三味線がブルーグラスにとんでもないテイストを与えていることに驚かされるのだ。"アパラチアン三味線" (国内盤)にある写真同様に、アメリカ人がすしを食って、日本人がハンバーガーをほうばる... といった感覚なのか、両者がそれぞれの伝統に敬意を払いつつ、そういった音楽がどこかで繋がっているような「事実」を音楽で聴かせてくれる。それをわずかに体験するためだけでも、日本では2年に一度しか開かれないらしい、両者のライヴには足を運ぶべきだと思う。

 加えて、ソロでもやってくれる国本武春のステージも見られるのだ。浪曲なんて、じじぃやばばぁのものだと思っている人がいたら、それは大間違いよ。なにせ、アメリカで行われた「ジャパニーズ・シャミセン・エクストラヴァガンザ」のツアーでも、バックのバンドがついていたブルーグラス編はオースティンのみ。そのほかの場所では国本武春が一人でステージに立っているんだが、これが受けた。特に、日本人の観客が少なかったニューヨークはジョーズ・パブでのライヴが凄かった。なにせ、このショーが終わってから、後でまだほかのバンドのライヴが予定されているというので、アンコールは御法度なはずなのに、しきりに声を上げていたのが店で働いている店員たち。三味線を抱えて、ブルースからロックまで何でもござれのショーマンぶりなのだ。ジミ・ヘンドリックスが登場すると思えば、ボトルネック三味線まで出てくる。イースト・テネシー大学のブルーグラス学科に留学していただけのことはあり、ふつうの英語ならはなせるんだろうが、ステージでそれはほとんどなくて日本語。しかも、最後には忠臣蔵が登場する。当然ながら、日本語で語り、歌い、様々な表情を見せながら、客を飲み込んでいくのだ。実に、とんでもないエンターテイナーだと思う。

 その国本武春と移動中の車の中で話した言葉が印象に残っている。

「そりゃぁね、昔を懐かしんでくれる日系の人たちのためにショーをすれば、どこだって満杯になりますよ。(やはり浪曲師だった)親父たちがそうしてきたんだから。でも、それじゃだめなんですよ。浪曲のすばらしさを真正面にアメリカの人たちにだって当たっていかないと」

 しかも、三味線に対する愛情だって並外れている。

「そりゃ、何でも試してみましたよ。いろいろなエフェクターをつけて... ジミヘンみたいな音も出せるけど、それじゃ三味線の意味がないじゃないですか」

 と、そんなことを口にする彼の三味線が先日のエイモス・ギャレットのギターにも通じるような気がするのだ。人間の身体と技術と味と体験で「歌う」三味線こそが国本武春の本領。さらに、浪曲なんぞ何も知らない人だって、一発で虜にしてしまうエンターテイナーぶりを体験しないでどうする? ホント、これを見逃しちゃぁいけませんよ。


どかーん! 武春劇場
国本武春 with ザ・ラスト・フロンティア
〜日本浪曲史と気さくな黒船〜


PLS chck the details -->official site

7.4 (wed) @ Parco Thatre in Shibuya : Start : 19:00
7.5 (Thur) @ Parco Thatre in Shibuya : Start : 19:00
7.6 (Fri) @ Parco Thatre in Shibuya : Start : 19:00
7.7 (Sat) @ Parco Thatre in Shibuya : Start : 15:00
7.8 (Sun) @ Parco Thatre in Shibuya : Start : 15:00
7.10 (Fukuoka El Gala) @ Parco Thatre in Shibuya : Start : 19:00
7.11 (Wed) @ Shinsaibashi Club Quattro : Start : 19:00
7.12 (Thur) @ Nagoya Tekepia Hall : Start : 19:00
7.14 (Sat) @ Yokohama Kannai Hall : Start : 14:00




written by hanasan
hanasan's works

mail to

button2007

buttonAmos Garrett (4th Jun. @ Nakameguro Rakuya)
buttonAmos Garrett (27th May @ Osaka 5th Street)
buttonMarisa Monte (26th May @ Zepp Nagoya)
buttonRico Rodriguez with Cool Wise Men (13th May @ Ueno Suijo Ongaku-Do)
buttonRico Rodriguez with Cool Wise Men (10th May @ Boom Boom Bash, Shizuoka)
buttonRico Rodriguez with Cool Wise Men & Toshimi Watanabe (9th May @ Shibuya Eggman)
buttonFermin Muguruza and Afro Basque Fire Brigade (30th Apr. @ Totem, Pamplona)
buttonFermin Muguruza and Afro Basque Fire Brigade (29th Apr. @ Vina Rock Festival, Benicassim)
buttonStreet Beat Festival 2007 feat DDR, Soul Food International's Rocksteady Revue feat. Dr. RIng DIng, You Waki & Banda Bassotti (28th Apr. @ Villagio Globale, Rome)
buttonStreet Beat Festival 2007 feat DDR, Soul Food International's Rocksteady Revue feat. Dr. RIng DIng, Boikot, You Waki & Banda Bassotti (27th Apr. @ Estragon, Bologna)
buttonStreet Beat Festival 2007 feat DDR, Boikot, Soul Food International's Rocksteady Revue feat. Dr. RIng DIng, You Waki & Banda Bassotti (26th Apr. @ Auditorium Flog, Firenze)
buttonStreet Beat Festival 2007 feat Cicso, DDR, Soul Food International's Rocksteady Revue feat. Dr. Ring Ding, Boikot, You Waki & Banda Bassotti (25th Apr. @ 25th Apr. @ Muse Cervi, Reggio Emilia)
buttonBanda Bassotti (21st Apr. @ Maria, Berlin)
buttonTony Joe White (16th Apr. @ Shibuya Club Quattro)
buttonWhat's Love? (10th Apr. @ Shimokitazawa 251)
buttonJoss Stone (9th Apr. @ Liquidroom Ebisu)
buttonBaba Zula & Double Famous (4th Apr. @ Shibuya Club Quattro)
buttonThe Slakcers (27th Mar. @ Shibuya Lush)
buttonBerri Txarrak (25th Mar. @ Roppongi Rock Factory)
buttonHappy Dispatch (25th Mar. @ Aoyama Tsuki Miru Kimi Omou)
buttonLakatos Ensemble : 目を閉じれば世界が見える (22nd Mar. @ Tokyo Opera City Concert Hall)
buttonThe Slakcers with Oi-Skallmates (21st Mar. @ Shinjuku Loft)
buttonVic Ruggiero with Toshimi Watanabe (20th Mar. @ Shimokitazawa 440)
buttonSouth by Southwest Music Festival + Conference feat. Lily Allen, A.J. Croce, owkmj (ore wa konna mon janai), Alina Simone, Bobby Witlock with Coco Carmel, Cho Sister Brothers : Pianica & Magic Orchestra, Go!Go!7188, Grace Potter and the Nocturnals , Casa De Chihuahua, John Hammond, Rickie Lee Jones, Ozomatli , Buzzcocks, Kenny Wayne Shepherd, Andrew Winton, YB(13th to 18th Mar. @ Austin, Texas)
buttonPeace Music Festa! Henoko2007 : photo document : pre opening day / the 1st day feat. Jicchaku Orchestra / Cyclub / Yoko Utsumi / Trinity Club Band / Akiko Noma (Go!Go!7188), CocotaboYoul & Amina, Shaolong To The Sky, kotobuki, Masao Taruya + Koji Nakamoto, Donal Lunny + Kazutoki Umezu + Hiromi Kondo, Duty Free Shopp., Soul Flower Mononoke Summit & Misako Oshiro / photo document : the 2nd day feat. Hana Band, Yambaru Reggae Brothers, King Jam Session,KZ [G.A.C], Kakumakushaka, Papa U-Gee with Zion High Playaz, Yukihito Ara, Kachimba 1551, Shibusa Shirazu Orchestra, Soul Flower Union, Ryukyu Lion, Nanjaman & U-Dou & Platy / over all view(23rd to 25th Feb. @ Henoko Beach, Okinawa)
buttonBloodest Saxophone (17th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
buttonDonavon Frankenreiter with Timmy Curran (6th Feb. @ Shibuya AX)
buttonSt. Vicious Day feat. Stance PunksThe Star ClubTokyo Shock BoysMichiro EndoSorrow (2nd Feb. @ Daikanyama Unit)
buttonBonanza feat. Overground Acoustic Underground, Sly Mongoose & Calexico (22nd Jan. @ Liquidroom Ebisu)
buttonKotobuki (20th Jan. @ Shin Okubo R's Art Court)
buttonLily Allen (12th Jan. @ Liquidroom Ebisu)


無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever without the author's approval.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.