ソウル・フラワー・ユニオン

Soul Flower Union

"ゴースト・ヒッツ 00~06"
(初回限定DVD付き/通常盤 / ソウル・フラワー・ユニオン - ゴースト・ヒッツ 00〜06)


ソウル・モノノケ・サミット

Soul Flower Union

"デラシネ・チンドン"
(国内盤)


The official site

Soul Flower Union

check 'em? -->ソウル・フラワー・ユニオン

Yoko Utsumi

寿

照屋政雄

新良幸人

梅津和時

Shaolong To The Sky

ノマ アキコ[GO!GO!7188]

KACHIMBA1551

カクマクシャカ



check the albums?


buttonMag files : Soul Flower Union / Soul Flower Mononoke Summit

button非公式な夜 : (06/12/16 @ Liquidroom Ebisu) : review by sakamoto, photos by Ryo Ohkuma(Konge-Jiho)
buttonまだまだ旅は続くのです : (06/09/30 @ Liquidroom Ebisu) : review by sakamoto, photos by naoaki
buttonphoto report : (06/09/30 @ Liquidroom Ebisu) : photos by naoaki
buttonphoto report : (06/07/15 @ Tokyo Kinema Club) : photos by hanasan
buttonCD review : デラシネ・チンドン : (06/07/31) : review by 坂本唯
buttonデカイ声だからじゃないですよ : (06/06/23 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by miyo, photos by hanasan
buttonphoto report : (06/06/11 @ Shinjuku Loft) : photos by hanasan


定例 : これを見逃すな!


これからツアーに入るバンドや来日するアーティスト

つづら折りの宴 〜
Peace Music Festa! 辺野古 '07


 2006年の2月に沖縄本島の北側にある名護市辺野古ビーチで小さな音楽祭が開催された。あいにくの雨模様の中約700人の人が参加し、9組の出演者が熱演を聞かせたという。「ピース・ミュージック・フェスタ in 辺野古」と呼ばれたこのイベントは辺野古への米基地移設問題に端を発し、沖縄のアメリカ基地を音楽の力でどうにかしようという思いを基に開かれたイベントである。

 明けて2007年、今年は2月24日、25日の2日間に渡って開催される。こういった問題提起がコンセプトにあるイベントが今年も開催されるという事は、問題はまだ山積みということの何よりの証拠ではある。ただ、開催の規模が大きくなったという事はこの問題に対する感心の高さが伺える。音楽ファンにとっては今回のイベントの開催は感心高いものとして受け入れられるようなブッキングとなっている。ソウル・フラワー・ユニオンをはじめ、ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、ドナール・ラニー、うつみようこ、梅津和時、ノマアキコ(GO GO 7188)、寿など東京でも十分に通用するアーティストが出演を決めている。沖縄のビーチでこのラインナップは至福の限りだろう。しかし、基地の移設が決まってしまえばこの至福は将来的にはないものとなってしまうのである。

 思えば、僕達はフジロックや朝霧ジャムをはじめたくさんのフェスを楽しんできた。そこには音楽があり、自然があり、のびのびと笑顔を見せるたくさんの人達の笑顔があった。それが、誰かに奪われるなんてことになったら許す事が出来るだろうか。地元辺野古に暮らす人々にとっては正にそんな刃を突き立てられているのだ。そこにある自然や笑顔を無惨にも壊す。それが、自分達の知らないところで決められているのだ。これは決して他人事ではないと思う。次は僕達がそんな立場立たされるのかもしれないのだ。いや、実際はもう立たされているのかもしれない。例えば、あのジョン・レノンの詩みたいな憲法だって変えられようとしているのだから。

 今回、プレイベントが東京と大阪でも開催される。沖縄まで足を運ぶのは中々厳しいという人には朗報だ。実行委員にも名前を連ねる伊丹英子が定期的に開催しているイベント「つづら折りの宴」の名前で開催されるのはより多くの人に足を運んで欲しいという意図からだろう。

 正直な事を述べると自分もこの問題に関して詳しい現状を知っているわけではない。今回、色々とネットで記事を読んで詳細を初めて知ったというぐらいだ。だからこそ今回のイベントでこの問題へ興味が湧き調べたりしたのである。例えば、様々なフェスでゴミの分別に対する問題提起がなされるように、これは一つのきっかけなのである。しかし、それはとても大切なきっかけだ。なんの想像力も働かせず僕たちの日常を奪われることに対する反抗なのだから。音楽の最高の使われ方がここにはあると思う。それは辺野古のビーチでいつまでもこんな音楽が鳴っていればいいという願いに通じてくるのだ。

 どっかの国の軍隊のために自分の金が使われるのは嫌だ。そうやって戦争に協力させられるのはもっと嫌だ。すべての武器を楽器に。本気でそう願いたくなるイベントだ。


【Peace Music Festa! 辺野古 '07】

開催日:2月24日(土)&25日(日)
場所:辺野古ビーチ
HP:http://www.peace-music.org/

出演者:
【24(土)】
■照屋政雄 with 仲本興治 ■ドーナル・ラニー with 梅津和時,近藤ヒロミ ■YOUL & Amina ■Shaolong To The Sky ■うつみようこ ■ノマ アキコ[GO!GO!7188]  ■COCOTABO ■TRINITY club BAND ■寿[kotobuki] ■勢理客オーケストラ ■ソウル・フラワー・モノノケ・サミット ■DUTY FREE SHOPP.  and more…

【25(日)】
■U-DOU & PLATY ■NANJAMAN ■新良幸人 ■KACHIMBA1551 ■カクマクシャカ ■KZ[G.A.C] ■山原Ragga兄弟 ■琉球LION ■King Jam Session ■花バンド ■ソウル・フラワー・ユニオン

【つづら折りの宴】

1月20日(土)
場所:東京@吉祥寺スターパインズカフェ
HP:http://www.peace-music.org/pages/tuduraori.html

【出演】
■ソウル・フラワー・モノノケ・サミット ■DUTY FREE SHOPP. ×カクマクシャカ ※ゲストあり

1月21日(日)
場所:大阪バナナホール
【出演】
■ソウル・フラワー・モノノケ・サミット ■DUTY FREE SHOPP. ×カクマクシャカ ■平良夏芽 from 辺野古テント村




written by sakamoto
samamoto's works

mail to

button2006

buttonCD review : ソング・オブ・インストゥルメンタル : サケロック (24th Dec.)
button非公式な夜 : ソウル・フラワー・ユニオン (16th Dec. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonパンクを聞いた日 : ゲット・オン・ジ・オムニバス・ツアー feat. レザーズ・エッジ、エフ・アイ・ビー、モガ・ザ・ファイブ・イェン、ユア・ソング・イズ・グッド、アスパラガス、ケン・ヨコヤマ (23rd Nov. @ リキッドルーム恵比寿)
button CD review : "B☆B☆B" - ズボンズ (23rd Nov.)
buttonヒリヒリしたロック : 行方知レズ (11th Nov. @ 渋谷オーブ)
button CD review : "ザ・クロマニヨンズ - "ザ・クロマニヨンズ (9th Nov.)
button CD review : "夢助" - 忌野清志郎 (23rd Oct.)
button6時間のぶつかり合い : Kein Titlewettkampf feat デートコースペンタゴンロイヤルガーデン、面影ラッキーホール、オシリペンペンズ&水中、それは苦しい (9th Oct. @ 渋谷オーイースト)
button幸せな2日間 : 朝霧ジャム (7th & 8th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonまだまだ旅は続くのです : ソウル・フラワー・ユニオン (30th Sept. @ リキッドルーム恵比寿)
button CD review : ボブ・ディラン - "モダン・タイムス (26th Sept.)
button CD review : マイケル・フランティ & スピアヘッド - "アイ・ノウ・アイム・ノット・アローン (11th Sept.)
button CD review : マーガレットズロース - "DODODO (28th Aug.)
button CD review : ズボンズ - "ウェイ・イン / ウェイ・アウト (10th Aug.)
button CD review : ソウル・フラワー・モノノケ・サミット - "デラシネ・チンドン (31st Jul.)
button ザ・クロマニヨンズ (23rd Jun. @ 万国博記念公園もみじ川芝生広場)
button CD review : ザ・ハイロウズ - "トラッシュ・バッグ (19th Jul.)
マーガレットズロース他 (12th Jun. @ 横浜寿町職安前広場)
button CD review : ニール・ヤング - "リヴィング・ウィズ・ウォー (5th Jul.)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to which may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.