Joe Strummer & the Mescaleros

Joe Strummer

"Streetcore"
(UK import / US import / 国内盤)


The official site

Joe Strummer

http://www.strummersite.com/

strummerville

http://www.strummerville.com/



related album
Johnny Cash
Johnny Cash

"Unearthed"
(US import)



buttonprevioous works

Joe Strummer and the Mescaleros

"Redemption Song/Arms Aloft, Pt. 1 [MAXI] " : (US import)
"Global a Go-Go " : (US import / UK import / 国内盤)
"Rock Art and the X-Ray Style " : (US import / UK import / 国内盤)


check the albums?
search:
Amazon.co.jpアソシエイト

buttonmag files : Joe Strummer

button映画レヴュー : Let's Rock Again! (05/12/16) : review by imakaz
buttonジョー・ストラマーに会いに行こう (04/12/13 @ Parco Musiem) : review by imakaz, photos by izumikuma
buttonRock wo suru... in Shinjuku (02/10/01 @ Shinjuku Liquidroom) : review by sisterchill, photos by hanasan
buttonreview with no title (02/10/01 @ Shinjuku Liquidroom) : review by chifumi soga, photos by nishioka
buttonphoto report (02/10/01 @ Shinjuku Liquidroom) : photos by hanasan
buttonphoto report (02/10/01 @ Shinjuku Liquidroom) : photos by nishioka
buttonreview with no title (02/09/29 @ Asagiri Arena) : review by chifumi soga, photos by hanasan



連載リレー・コラム - 第5回
これを聞かずに、死ねるか!


誰にだってあるだろう、宝物のような歌やアルバム。
そんな歌やアルバムのことを話してみよう。

 

享年50歳。自分もその年齢になってしまった。この年齢で、この世とおさらばか...


 3年前の12月23日、ロンドンからの電話でジョーの訃報を知らされた。前日は、仲間と山奥に出かけて、凍えるほどの寒さの中、上半身裸になってたき火にあたりながら、大騒ぎをしていたんだが、どうやら、その頃、彼が逝ってしまったらしい。その時の話は、フジ・ロックのプロデューサー、日高氏が記した感動もののライナーに詳しい。実をいえば、この時、一緒に山で大騒ぎをしていたのが彼で、ライターでもない彼が書いた文章にいたく感動したものだ。どこかで自分も書きたいなぁとは思っていたが、遺作となったこのアルバムのライナーを書くに値する人間は彼の他になかっただろう。そんな意味もあって、このアルバムは国内盤をすすめている。

 ジョーとの思い出はつきない。おそらく、世界中にそんな人々がいるはずだ。ライヴが終わっても、必ずファンとの交流をしていたのがジョー。日本での最後となった新宿リキッドッルームの階段で、ずらりと並んだファンと話をしている彼にスタッフに「もう、片づけは終わったから、ここは俺たちに任せて帰っていいよ」と言われたとき、彼がなんと応えたか...

「うるさい! これは俺の仕事なんだ」

 いつもそうだった。だからこそ、彼の死後、ウェッブサイトに寄せられた世界中からのメッセージにもそれを見ることができた。

 その遺作となったこのアルバムに収められているボブ・マーリーのカバー、「レデンプション・ソング」を初めて聞いたのは、それから半年後、ジョーの自宅を訪ねたとき。焚き火をしながら、満天の星の下、朝方の4時頃だったろうか、これを聞いた。で、涙が出た。泣かいでか!なんでも、ジョニー・キャッシュがレコーディングしている時にスタジオに通い続けて一緒にレコーディングしたのがこのナンバー。デュエットしているのは"Unearthed"というジョニーのボックス・セットで聞いているんだが、このブックレットに掲載されている写真で見るジョーの笑顔がたまらない。よほど嬉しかったんだろうな。正直、この1曲のためだけにでもこのアルバムを買う価値があると思うのだ。

 おそらく、フジ・ロックやグラストンバリーのことを歌っているんだろう、ロックンロールな「コマ・ガール」に、なぜか朝霧での演奏が鮮明に記憶に残っている「ゲット・ダウン・モーゼス」や・ジョーニー・キャッシュのことを歌ったフォーキィな「ロング・シャドー」と、スタイルはさまざま。でも、それこそがジョーであり、彼のなかにウッディ・ガスリーからボブ・マーリーにジョン・レノンといったレベル・ミュージックが脈々と流れているのがわかる。

 国内盤が嬉しいのは、ボーナス・トラックとして収録されているジミー・クリフの名曲「ハーダー・ゼイ・カム」のカバーやスペシャルズで有名になった「ア・メッセージ・トゥ・ユー、ルーディ。特に後者は朝霧ジャムで「スカ・フレイムスに捧げる」と言って演奏してくれたのが嬉しかった。今思えば、この時、同じ場所にいたスカのゴッド・ファーザー、ローレル・エイトキンも他界して、天国の人となってしまった。なんかセンチメンタルになってしまう年の暮れ、この時期になるとどうしてもこのアルバムを思い出して、また聞いてしまうのだ。


Check in iTune Music Store?

Johnny Cash : Redemption song --> Redemption Song


written by hanasan

button2005

buttonDVD review : Roger Waters - "The Wall Live in Berlin" (21st Dec.)
buttonModern Folk Quartet (15th Dec. @ Yokohama Thumbs Up)
buttonColumn : John Lennon - "Imagine" (9th Dec.)
buttonSoul Flower Acoustic Partisan (6th Dec. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonColumn : John Lennon - "Imagine" (9th Dec.)
buttonKid Carpet (28th Nov. @ Barfly, London)
buttonBanda Bassotti with Fermin Muguruza (25th Nov. @ SO36 Berlin)
buttonKemuri (22nd Nov. @ Liquidroom Ebisu)
buttoninterview : Umekichi : What a hell is this? A hip and cool artist in Edo style. (12th Nov.)
buttonWillie McNeil and Sono Lux (8th Nov. @ King King, Hollywood)
buttonDoberman (2nd Nov. @ Shibuya Quattro)
buttonDoves (30th Oct. @ Shibuya AX)
buttonUmekichi (29th Oct. @ Asagaya Space Valio)
buttonShibusa Shirazu Orchestra & Zoobombs (23rd Oct. @ Ueno Suijo Ongakudo)
buttonShibusa Shirazu Orchestra (16th Oct. @ Yokohama Thumbs Up)
buttonUmekichi (14th Oct. @ Aoyama Mandala)
buttonGwang Myeong Music Valley Festival (8th Oct. in Gwang Myeong, Korea) feat. Hata & Ran, Monotype, Starry-Eyed & Murmur's Loom / Cabinet Singalongs / Oh! Brothers / Amature Amplifier / Peppertones / Mongoose / Sogyumo Acacia Band / Kafka / Slow June / Cosmos / Bluedawn / Sweater / 49morphines / Vassline / Lee Jang-Hyuk / My Aunt Mary / Huckleberry Finn / Deli Spice
buttonGwang Myeong Music Valley Festival (7th Oct. in Gwang Myeong, Korea) feat. Snowdrop Sixteen, & Tearliner, Underwear Band, Edao, O So-Young & Bird, Han Dong Jun & Jang Pil Soon, feat. Jo Dong-Jin, Lee Seung-Yeol, Lee Tzsche, Lee Byung-Woo, Hahn Dae-Soo
buttonUmekichi (4th Oct. @ Saitama Heaven's Rock VJ3)
buttonAsagiri Jam - It's a beautiful day : The String Cheese Incident, Sun Paulo & Electrelane (1st & 2nd Oct. @ Asagiri Arena)
buttonSoul Flower Union (28th Sept. @ Nagoya Electric Lady Land)
buttonK' DO, Taeko Onuki (27th Sept. @ Nagoya Blue Note)
buttonTheatre Brook (26th Sept. @ Nagoya Quattro)
buttonDouble Famous (24th Sept. @ Daikanyama Unit)
buttonKatteni Shiyagare (23rd Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonTheatre Brook (19th Sept. @ Sendai Macana)
buttonTheatre Brook (18th Sept. @ Sendai Macana)
buttonFantomas and Zu (5th Sept. @ Shibuya Quattro)
buttonKemuri and No Hitter (23rd Aug. @ Sapporo Bessie Hall)
buttonKemuri and Largenal Nature (22nd Aug. @ Asahikawa Casio Drive)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.