buttonいかすぜ、マイトガイ、小林旭 - part1 -

 なぜアキラで、裕次郎じゃないのか... 言葉では説明できない。でも、幼少の頃からずっとそうだった。確かに、裕次郎も好きだし、今じゃ、誰も覚えていないかもしれない、めちゃくちゃ値段の張る純金コーティングのCD(音がいいだのなんだのといわれていたと思うが、本当がどうかは知らない)『NOSTALGIA』も持っている。(俺の持っている純金コーティング・ヴァージョンはもう手に入らないようで、ナレーション入りの廉価盤がでているようだ。いずれにせよ、オリヴァー・ネルソン監修、ベニー・カーター指揮で裕次郎がスタンダードを歌ったこれは、宝物「JAZZ」アルバムだ)映画だって、何本も見た。

 それに、日本のジェームス・ディーン、赤木圭一郎にも魅力を感じる。なにせ、58年にデビューしてあっという間にスターになったと思ったら、61年2月にゴーカート試乗中に鉄扉に激突してこの世を去ったという意味でも、強烈な印象を残している。まぁ、ノスタルジックな想像力の産物かもしれないけど、赤木圭一郎もめちゃかっこいい。それでも、なぜか、アキラなのだ。どうしてもアキラなのだ。
 といっても、小林旭は今年でデビュー50周年。確かに、筆者自身すでに半世紀近く生きてきている親父だが、さすがにアキラは同時代ではない。まぁ、かすってはいるんだが、その「かすり」が大きかった。なにせ、筆者は終戦から10年後の生まれ。国民のほとんどが貧乏丸出しで、当然ながら、我が家も例外ではない。その幼少時代にメディアを通じたエンタテインメントなんて皆無に等しかった。唯一あったのはラジオ。ほとんど記憶にないのだが、なんでも『赤胴鈴の介』が始まる時間になると真剣な表情で聴いていたらしい。テレビなんて金持ちしか持っていないから、近所の家で『チロリン村』を見せてもらったり... と、そんな時代だ。

小林旭

©日活株式会社
 あの頃、まるで遊園地にでも行くような感覚だったのが映画で、親父とお袋に連れられて何度も映画を見に行ったという話は聞かされた。親父に言わせると洋画を中心に見ていたそうなんだが、なぜか鮮明に記憶に残っているのは小林旭。子供心に彼のかっこよさがたまらなかったんだろう。ギターを背中に、なぜか馬に乗って離れていくシーンが脳裏に焼き付いて離れないでいる。今思えば、まんま『シェーン』(アラン・ラッド主演の傑作西部劇映画)なんだけど、これが強烈だったのさ。
小林旭

©日活株式会社
 まぁ、かなりの年齢になって、アキラの『渡り鳥シリーズ』を見てみると、映画のなかに当時の自分と同じような年齢の子供が登場してたり、なぜか、アキラが演じる滝伸次が子供を大切にして、子供に好かれるという設定になっている。ひょっとして、それが理由なのか知らないが、世の中にこれほどかっこいいお兄ちゃんはいないんだというほどにあこがれていた。なんでもシンガーソングライター、というか、フォーク演歌手というか、昨年のフジ・ロックで強烈な印象を残してくれた巨匠、三上寛(『ひらく夢などあるじゃなし』は必聴よ)が、出身地だという青森県北津軽郡小泊村か、あるいは、その近辺の映画館で小林旭を見て『俺も、小林旭になる』と歌い出したという噂を聞いたことがあるが、全然おかしくない。違和感もない。ひょっとして筆者自身がこうやって音楽に関して原稿を書き、写真を撮影し、そして、アルバムなんぞを作ったりしているのもこのあたりがルーツかもしれないとも思えるほどだ。
 その子供時代から10数年後、確か、高校生の頃と記憶するが、どこかで小林旭の記憶がかすれていこうとしたときに、また、彼の唄に出会うことになる。当時、はまりにはまっていた友部正人が、なんとライヴで歌ったのが『さすらい』(『アキラ3』に収録)だった。おそらく、『びっこのポーの最後』(このアルバムは『差別語』狩りにあって発売禁止にさせられて、しばらくしてから1976という名前で再発されている)が発売された頃かなぁ。友部の歌う『さすらい』に涙を流した記憶がある。『大阪へやってきた』で頭をぶん殴られて、『にんじん』で、友部正人から逃れられなくなって、突き刺さるような言葉を持つ彼の唄に参っていたというのに、それとは全く違った世界にあるような小林旭の唄にはまってしまったのがこのときだった。後に気付くのだが、このときの友部と同じように旅や放浪の唄がやたらと出てくるのがある時期のアキラ。それは、まるで放浪するように全国を歌い歩いていた友部の生活そのままであり、そういったところがあのライヴでの演奏になったんだろう。

友部正人 *(と、この段落を書いた翌日、なんと銀座での試写会帰りにばったりと10年ぶりに友部正人氏に再会。一緒に食事して話を聞いたところ、あれは三上寛の影響で『にんじん』のしばらく後のことらしい。それにしても、こんなことってあるのね)

 それからまた10数年... 今度はもっと長いかもしれないが、ある夜、渋谷にある友人の発行する雑誌の編集部でパーティをやっていたときに出会って話をすることになったのが東京スカ・パラダイス・オーケストラの冷牟田氏。ちょうど彼らが小林旭と共演した頃で、彼らが小林旭の魅力に気づいて、『アキラ節』を形にしてくれたのが嬉しくて嬉しくて... 当時、日本の歌謡曲の傑作をスカ化するアルバム制作を狙っていただけに、ちょっと悔しい想いもしながら、冷牟田氏と嬉しいアキラ談義をしていたものだ。

 その数年後に元はっぴぃえんどの大瀧詠一監修の下、4枚のシリーズで小林旭のアルバムが廉価盤で発表され、同時に大瀧詠一と小林信彦責任編集の下、小林旭読本―歌う大スターの伝説も出版されている。当然ながら、すべてを買い求めてここで再び小林旭の魅力を再発見することになる。このアルバムを聴いてみれば一目瞭然なんだが、昭和30年代にすでに「日本のロック」が完成されていたことに気づかされるし、奥の深い小林旭の世界に感動するのだ。



buttonhanasan's column :

buttonいかすぜ、マイトガイ、小林明 (04/09/15)

==>top page : JPN / ENG

The official site

小林旭

50周年記念公式サイト
http://www.nikkatsu.com/dig/akira/


関連サイト

小林旭パラダイス

帰ってきた渡り鳥



このアルバムを聴きなさい!
筆者お好み順....

小林旭

"アキラ3"

小林旭

"アキラ1"

小林旭

"アキラ2"

小林旭

"アキラ4"
これを読め!

小林旭

"小林旭読本―歌う大スターの伝説"

これも読め!

小林旭

"さすらい"
小林旭(著)

previous works ;

"ゴールデン☆ベスト"
(とりあえず、廉価でヒット曲を知りたい人向け)
"小林旭大全集~AKIRA50HISTORY"
(ここまで来る人は珍しいともうけど...記念品だい!)

そのほか、いっぱいあるんですけど、なにはともあれ、大瀧詠一が監修した4枚のアルバム、「アキラ」の1から3までが絶対におすすめです。値段も安いし...

check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by hanasan

button2004

buttonThe 3peace : (25th July @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonShang Shang Typhoon : (7th July @ Shinjuku Hanazono Shrine)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (26th June @ Glastonbury Festival, Pilton)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (23rd June @ Carling Apollo Hammersmith)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (22nd June @ Carling Apollo Hammersmith)
buttonDoberman : (20th June @ Shinjuku Loft)
buttonCocore : (12th June @ SSAMZIE SPACE BARAM, Seoul)
buttonSoul Flower Union : (11th June @ Shibuya Quattro)
buttonSoul Flower Mononoke Summit : (9th June @ Shimokitazawa 251)
buttonKenji Endo : (3rd June @ Shibuya Quattro)
buttonDVD Review : Nine Hundred Nights : Big Brother and the Holding Co. with Janis Joplin (8th June)
buttonTheatre Brook : (1st June @ Shibuya O-East)
buttonCD Review : One From The Heart : Tom Waits and Crystal Gayle (3rd June)
buttonTheatre Group Kibo Butai with Rie Arima : (27th May @ Kobe Bunka Hall)
buttonHige Gakudan : (23rd May @ Sapporo Sound Crew Basement)
buttonThe Johnny Boys : (23rd May @ Sapporo Sound Crew Basement)
buttonBook Review : Do Not Lie, The Japanese Government! : Global Watch (25th May)
buttonCD Review : Higer Ground : The Blind Boys Of Alabama (14th May)
buttonCD Review : Watashi wo Danzaiseyo : Nobuyasu Okabayashi (14th May)
buttonDVD Review : Legend : Sam Cooke (11th May)
buttonStreet Beat Festival feat. Sandokan & Manicomio Latino / Burning Heads / Doberman / Banda Bassotti: (25th Apr @ Museo Cervi in Reggio Emilia)
buttonStreet Beat Festival feat. Sandokan & Manicomio Latino / Burning Heads / Doberman / Banda Bassotti: (24th Apr @ Villagio Globale in Rome)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (17th Apr @ Leonkavallo in Milan)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (16th Apr @ Ku.Bo in Bolzano)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (15th Apr @ Estragon in Bologna)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (14th Apr @ Auditorium Flog in Firenze)
buttonShibusa Shirazu : (7th Apr @ Shibuya Quattro)
buttonShibusa Shirazu : (6th Apr @ Shibuya Quattro)
buttonTokyo Pinsalocks : (3rd Apr @ Shibuya BOXX)
buttonBleach : (3rd Apr @ Shibuya BOXX)
buttonLook Straight : Rie Arima (30th Mar @ Osaka Mindo Kaikan)
buttonRie Arima : (30th Mar @ Osaka Mindo Kaikan)
buttonThe 3Peace : (26th Mar @ Shinjuku Red Cloth)
buttonMorgan Fisher : (16th Mar @ Yokohama Motion Blue)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (5th Mar @ Shibuya AX)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (4th Mar @ Zepp Tokyo)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (2nd Mar @ Nagoya Diamond Hall)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (1st Mar @ Namba Hatch)
buttonMorio Agata : (18th Feb @ Hatsudai DOORS)
buttoninvisiblemansdeathbed : (18th Feb @ Hatsudai DOORS)
buttonDVD Review : The Complete Monterey Pop Festival : Jimi Hendrix, Otis Reding, Mamas & Papas, The Who.... (17th Feb)
buttonBlack Bottom Brass Band : (17th Feb @ Shibuya BYG)
buttonKatteni Shiyagare : (14th Feb @ Shibuya 0 East)
buttonThe Johnny Boys : (13th Feb @ Shinjuku DOM)
buttonDVD Review : Live at the Hollywood Bowl : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (12th Feb)
buttonMeganoidi : (10th Feb @ Sangenchaya Heaven's Door)
buttonHowe Gelb with Califone : (7th Feb @ Shibuya Gabowl)
buttonMorgan Fisher : (6th Feb @ Nishiazabu Superdelux)
buttonGalactic : (5th Feb @ Shibuya Quattro)
buttonGoro Nakagawa : (1st Feb @ Shimokitazawa La Cana)
buttonKenji Endo : (31st Jan @ Kichijoji Star Pines Cafe)
buttonJagatara Matsuri feat. Sandi and Hula Angels / Dachambo / Jagatara Zoku / Shibusa Shirazu : (30th Jan @ Kawasaki Club Citta)
buttonDVD Review : Will The Circle Be Unbroken - Father Along - : Nitty Gritty Dirt Band etc (25th Jan)
buttoninterview : Real rockin' punks from Sasahikawa, Hokkaido : The Johnny Boys (25th Jan)
buttonDVD Review : American Folk Blues Festival 1962 - 1966 vol.1 & 2 : Muddy Waters, T-Bone Walker etc (22nd Jan)
buttonCD Review : Wataru Takada / Itsutsuno Akai Husen : the original folkies of Japan (17th Jan)
buttonDVD Review : Standing in the Shadows of Motown : The Funk Brothers etc (16th Jan)
buttonDVD Review : The Howlin' Wolf Story : Howlin' Wolf etc (14th Jan)
buttonShibusa Shirazu : (10th Jan @ Shibuya O - East)
buttonUdagawa Overheat Special Count Down Live feat. Lolita no.18, 50 OLDMAN, Taiyo Zoku, The Massmisile, The 3PEACE : (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)
buttonThe 3PEACE : (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.